ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

事業の内容

設置の目的

 昔の人たちの生活のあとが残された場所を遺跡、使った道具などを遺物といいます。通常、これらは土の中に埋もれていることが多いため、埋蔵文化財と呼ばれ、それぞれの地域やわが国の歴史を明らかにしていくうえで、欠くことのできない資料となっています。

 本センターは、埋蔵文化財の調査研究や整理・保存を行い、あわせてその活用や保護思想の普及をはかるために設置されました。

事業内容の概要

1 埋蔵文化財の調査研究

 県内の遺跡の発掘調査や確認調査を行います。また、県教育委員会が、(公財)愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センターに委託して実施する発掘調査や報告書作成の調整等を行います。

2 埋蔵文化財と関係資料の収集・整理・保存

発掘調査による出土品を適切に保存するとともに、埋蔵文化財についての資料を収集・整理しています。

3 埋蔵文化財の調査についての指導・研修

市町村が行う調査に対し、指導・助言したり、研修会を開いたりしています。

4 埋蔵文化財についての知識の普及

 出土品を展示したり、博物館などへ貸出しを行い、保護思想の普及に努めています。また、埋蔵文化財に関する図書を保有・公開しています。普及・啓発事業として出前授業なども行っています。
図書室などです
 
 

問合せ

愛知県埋蔵文化財調査センター
電話: 0567-67-4164
E-mail: maizobunkazai@pref.aichi.lg.jp