ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水大気環境課 > 水質総量削減

水質総量削減

水質総量削減制度について

 水質総量削減制度は、人口及び産業の集中等により、生活又は事業活動に伴い排出された水が大量に流入する広域的な閉鎖性海域(東京湾、伊勢湾、瀬戸内海)の水質改善を図るため、総合的・計画的な水質保全対策を行うものです。

第8次水質総量削減

総量削減計画(根拠法令:水質汚濁防止法第4条の3)

 環境大臣が定める総量削減基本方針に基づき、知事が汚濁負荷量の削減目標量や削減対策等について定めるものです。

第8次総量削減計画とその概要

     第8次総量削減計画

     第8次総量削減計画の概要

総量規制基準(根拠法令:水質汚濁防止法第4条の5)

 指定地域内(※1)の特定事業場(※2)のうち、一日あたりの平均的な排出水の量が50立方メートル以上のものについて、濃度規制基準とは別に、排出される汚濁負荷量の許容限度として知事が定めるものです。

 総量規制基準は、COD(化学的酸素要求量)、窒素含有量、りん含有量について定めています。

指定水域と指定地域(伊勢湾)

※1 : 指定地域
 指定水域(伊勢湾では、伊良湖岬から大王埼まで引いた線及び陸岸により囲まれた海域)の水質汚濁に関係のある地域として政令で定められた地域。
(水質汚濁防止法施行令別表第2第2号参照)
 愛知県では、北設楽郡の一部(天竜川水系)及び渥美半島の太平洋側の一部を除いて、ほぼ全域が指定地域となっています。

※2 : 特定事業場
 水質汚濁防止法に定める特定施設を有する事業場

 第8次総量規制基準については次のとおりです。
 

第8次総量規制基準とその概要

     化学的酸素要求量(COD)に係る総量規制基準[平成29年6月27日愛知県告示第286号]

          窒素含有量に係る総量規制基準[平成29年6月27日愛知県告示第287号]

     りん含有量に係る総量規制基準[平成29年6月27日愛知県告示第288号]

     第8次総量規制基準の概要

総量規制基準の適用期日について

 第8次総量規制基準の適用期日は以下のとおりです。
第8次総量規制基準の適用期日について
 対象事業場 適用期日

 (1)平成29年9月1日以降に新たに設置される事業場

 (2)既設の事業場のうち、平成29年9月1日以降に特定施設の設置

 又は構造等の変更をするもの(当該追加、変更に伴い増加する水量に限る。)

 平成29年9月1日
 既設の事業場(上段の(2)に該当するものを除く。) 平成31年4月1日

 

第8次総量削減計画及び総量規制基準の説明会を開催しました

第8次総量削減計画についてご理解いただき、第8次総量規制基準に対して円滑に対応いただくために、事業場の皆様向けの説明会を開催しました。

1.開催場所・日時

開催場所・日時
会場日時備考
豊橋市公会堂
http://www.bunzai.or.jp/publichall/
(豊橋鉄道市内線市役所前駅より徒歩1分)

8月2日(水曜日)
午後2時~午後3時

豊橋市共催
名古屋市中区役所ホール
http://www.city.nagoya.jp/naka/page/0000074390.html
(地下鉄栄駅12番出口より東へ徒歩1分)

8月3日(木曜日)
午後2時~午後3時

名古屋市共催

 

2.説明会資料

第8次水質総量削減における総量削減計画及び総量規制基準について [PDFファイル/623KB]

参考資料1-1_8次C値変更箇所抜粋 [PDFファイル/121KB]

参考資料1-2_水質汚濁防止法関連問合せ先 [PDFファイル/64KB]

 

第7次総量規制基準について

 既設の事業場については、平成31年3月31日までは第7次の総量規制基準が引き続き適用されます。

第7次総量規制基準

   化学的酸素要求量に係る総量規制基準 [平成24年愛知県告示第118号]

   窒素含有量に係る総量規制基準 [平成24年愛知県告示第119号]

   りん含有量に係る総量規制基準 [平成24年愛知県告示第120号]

<参考> 関連記者発表

問合せ

水大気環境課
 調整・計画グループ(ダイヤルイン 052-954-6221)
 水・土壌規制グループ(ダイヤルイン 052-954-6222)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)