ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 大気汚染防止法の改正について(特定粉じん(石綿)排出規制関係)
ホーム > しごと・産業 > 環境保全 > 環境規則 > 大気汚染防止法の改正について(特定粉じん(石綿)排出規制関係)

大気汚染防止法の改正について(特定粉じん(石綿)排出規制関係)

大気汚染防止法の改正について~解体等時におけるアスベストの飛散防止対策の強化~

1 改正の概要

 建築物解体等時におけるアスベストの飛散防止の取組を一層推進するため、「大気汚染防止法の一部を改正する法律」が平成25年6月21日に公布され、平成26年5月に公布された政省令とともに、平成26年6月1日から施行されました。この法令改正の主な内容は、以下のとおりです。

(1)届出義務者の変更

 特定粉じん排出等作業(注1)の実施の届出義務者が、工事の施工者から、工事の発注者又は自主施工者に変更されました。

  注1:吹付けアスベスト等が使用されている建築物等の解体、改造、補修作業

(2)解体等工事の事前調査の結果等の説明等

 解体等工事(注2)の受注者は、アスベスト使用の有無について事前に調査し、発注者へ調査結果を書面で説明するとともに、その結果を解体等工事の場所へ掲示することが義務づけられました。

  注2:建築物等の解体、改造、補修作業を伴う工事

(3)立入検査等の対象の拡大

 都道府県知事等による報告徴収の対象は、「解体等工事」の発注者・受注者又は自主施工者とされ、立入検査の対象は、「解体等工事」に係る建築物等とされました。(これまでは、「特定粉じん排出等作業を伴う解体等工事」に限定されていました。)

(4)作業基準項目の追加

 特定粉じん排出等作業を行う際には、アスベストの飛散を防止するため、作業場の隔離等、法令に定められた作業基準項目を遵守する必要があります。
 改正により、この作業基準項目に、作業場及びその前室の負圧確認、集じん・排気装置の稼働確認、集じん・排気装置出口における漏洩確認、及びこれら確認結果の記録が、追加されました。

2 関連ページへのリンク

3 改正法に係る疑義問答集

 平成26年5月、名古屋市、岡崎市及び豊橋市内において改正大気汚染防止法説明会を開催しました。その際にいただいた質問を中心に、添付のとおり疑義問答集を作成しましたので、ご活用ください。

疑義問答集(改正法関係)

問合せ

愛知県 環境局 環境政策部 水大気環境課 大気規制グループ
電話:052-954-6215(ダイヤルイン)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)