ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

愛知用水

愛知用水事業

 愛知用水が通水される以前の知多半島では、主立った河川がなく、ため池に頼る生活を余儀なくされ、水不足に悩まされていました。

昔の水汲み状況

 昭和23年頃から温暖な気候に恵まれた知多半島に「木曽川の水を引こう」という夢の構想が久野庄太郎氏、浜島辰雄氏を中心に生まれました。

 この構想は、木曽川の上流に水源を求め、知多半島の先端まで用水を引いて来るというものでした。

 この構想を実現するため、愛知用水公団(現在の(独)水資源機構)は、昭和30年から愛知用水事業に着手しました。昭和32年の工事開始からわずか4年余りで水源施設である牧尾ダム(長野県木曽郡王滝村、木曽町三岳)、幹線水路112キロメートル、支線水路1,012キロメートルを完成させ、昭和36年9月30日に通水を開始しました。

愛知用水事業
主な工事計画と事業費、工期

 牧尾ダム

 兼山取水口

 調整池      2カ所

 幹線水路     L=  112km

 支線水路     L=  1,012km

  422億円
  昭和30年度~36年度(公団営)
  計画面積 30,675ha
牧尾ダム

愛知用水二期事業

愛知用水二期事業
 主な工事計画と事業費、工期
  幹線水路等改修     L=120km

 支線水路改修       L=493km

 水管理施設

 牧尾ダム堆砂対策

 3,059億円
 昭和56年度~平成18年度(機構営)
  計画面積    15,012ha

水路系施設

 愛知用水の完成により愛知用水地域は、めざましい発展を遂げ、愛知用水の果たす役割は、ますます重要なものになってきました。

 そこで水資源開発公団(現在の(独)水資源機構)は、古くなった水路を水道用水・工業用水の需要増加にも対応できるように改修するとともに、水管理施設を近代化し、今まで以上に効率的に水を送ることができるようにするため、昭和56年度に愛知用水二期事業に着手しました。

 この事業では、幹線水路のメンテナンスを行いやすくするため「二連水路」に改修し、支線水路は、水の有効利用と配水管理の合理化を図るため「パイプライン化」を行い、平成16年度に完了しました。

 愛知県では、愛知用水二期事業の円滑な進捗を図るため、水資源開発公団(現在の(独)水資源機構)より支線水路改修を受託施行しました。

 

支線水路工事の状況

牧尾ダム堆砂対策

 愛知用水二期事業では、昭和59年の長野県西部地震によって、御嶽山中腹が崩れ、牧尾ダムに流入した土砂を取り除く工事を行いました。

 この事業が完了したことにより牧尾ダムの貯水量が回復し、頻繁に発生している渇水が少なくなることが期待されます。

これからの愛知用水

 愛知用水は、平成23年に通水開始50周年を迎えました。

 その間、愛知用水は、休むことなく水を供給し続け、愛知用水地域の発展を支えてきました。これも、水源地域の方々の協力と愛知用水建設に尽力された先人たちの努力のおかげであり、この愛知用水を次の世代に引き継ぐことが、私たちの努めです。

 愛知用水通水50周年を記念して愛知県を始め、関係機関により様々な取り組みが行われました。詳しく知りたい方は、こちらから 愛知用水通水50周年

 

関係機関へのリンク

(独)水資源機構中部支社

(独)水資源機構愛知用水総合管理所

愛知用水土地改良区

問合せ

愛知県 農林基盤局 農地部 農地計画課 機構調整グループ
TEL:052-954-6433(ダイヤルイン)
FAX:052-954-6935
E-mail: nochi-keikaku@pref.aichi.lg.jp