ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業大学校 > 令和2年度 生産高度化研修(花き 鉢物):鉢物の商品性向上による経営改善【令和2年10月15日(木曜日):終了しました。】

令和2年度 生産高度化研修(花き 鉢物):鉢物の商品性向上による経営改善【令和2年10月15日(木曜日):終了しました。】

<研修を終えて>

10月15日に愛知県花き温室園芸組合連合会と共催で「鉢物の商品性向上による経営改善」をテーマにした研修会を豊明花き株式会社で開催しました。この研修会は豊明花き株式会社のシステム提供と運営協力によりオンラインで実施し、県内各地から26名の生産者等の参加がありました。内オンライン参加は13名でした。


 研修会では、愛知県西三河農林水産事務所農業改良普及課西尾駐在室の牧田尚之専門員から「西尾市の鉢物生産状況」についての発表がありました。西尾市は和物、観葉、洋らん、鉢花の鉢物ならなんでも揃う総合産地であることが説明されました。


 続いて、豊明花き株式会社企画本部/経営企画担当取締役の重村修一郎氏から、「コロナ禍における社会変化に花き業界はどう対応するのか」の演題により講演がなされました。新型コロナ禍により従来通りの商談会、商品説明会、展示説明会等の開催が制約を受ける中、インターネット取引が増大しており、今後も、商品提案、受注確認など幅広く取引機能のデジタル化を進めるとともに、市場連携においてもインターネット取引を導入し、効率的なシステムの構築を目指す方向性が示されました。


  最後に、愛知県農業総合試験場の長嶋圭主任専門員を座長に、総合質疑が行われました。生産者にとって重要な販路拡大のための市場間の連携拡大、買受人からの要望意見が伝わる仕組み、また商談会の今後のあり方が議論され、有意義な研修会となりました。

講演の様子

鉢物の商品性向上による経営改善

 

募集内容

 鉢物の生産状況やコロナ禍における花き業界について学びます。

1 日時 

  令和2年10月15日(木曜日) 午後1時30分から午後4時まで

  (受付は午後1時から)

2 場所

  受講者自宅他(オンライン(Zoom)研修)

3 対象

  愛知県内花き 鉢物生産者 

4 定員

  100名

5 内容

(1) 「西尾幡豆地域の鉢物生産状況

  講師:西三河農林水産事務所農業改良普及課 

       専門員 牧田 尚之 氏

(2) 講演:「コロナ禍における社会変化に花き業界はどう対応するのか」

  講師:豊明花き株式会社企画本部

      経営企画 担当 取締役 重村修一郎氏

(5) 総合討議

  座長:愛知県農業総合試験場 企画普及部 広域指導室

      主任専門員  長嶋 圭 氏

6 参加費

  無料(Zoom視聴による通信料金は各自ご負担ください)

7 共催

愛知県花き温室園芸組合連合会

8 申込み方法

<申込>

申込先:農業大学校メールアドレス noudai@pref.aichi.lg.jp 

申込内容:住所(市町村)、氏名、視聴するメールアドレス

10 申込期限

  令和2年10月6日(火曜日)まで    

  


11 研修案内ちらし

研修案内リーフレット [Wordファイル/26KB]

問合せ

  愛知県立農業大学校 研修部
  郵便番号444-0802
  岡崎市美合町字並松1-2
  電話: 0564-51-1034(研修部直通)
  ファックス: 0564-51-4831
  E-mail: noudai@pref.aichi.lg.jp