ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業大学校 > 令和2年度 生産高度化研修(畜産部門):乳牛の長命連産化に向けた泌乳平準化技術の開発と経済性評価【令和2年11月6日(金曜日)】

令和2年度 生産高度化研修(畜産部門):乳牛の長命連産化に向けた泌乳平準化技術の開発と経済性評価【令和2年11月6日(金曜日)】

乳牛の長命連産化に向けた泌乳平準化技術の開発と経済性評価

 

募集内容

 乳牛の泌乳平準化技術と長命連産化による経済的メリットについて学びます。

1 日時 

  令和2年11月6日(金曜日) 午後1時から午後3時40分まで

  (受付は午後0時30分から)

2 場所

  東三河農林水産事務所 農業改良普及課 大研修室

   豊橋市飯村町高山11-40

3 対象

  養牛農家等

4 定員

  30名

5 内容

(1) 講演1 「乳用牛の泌乳平準化による健全性向上技術の開発」

   講師:農研機構 北海道農業研究センター 酪農研究領域 乳牛飼養グループ長 田鎖 直澄 氏

(2) 講演2 「乳牛の泌乳平準化について~飼養管理面から」

   講師:愛知県農業総合試験場 畜産研究部 養牛研究室  主任研究員 佐藤 精 氏

(3) 講演3 「乳牛の泌乳平準化について~経済的視点から」

   講師:愛知県農業総合試験場 企画普及部 経営情報研究室 主任研究員 荒巻 忍 氏

(4) 総合質疑

   進行:愛知県農業総合試験場 企画普及部 広域指導室 主任専門員 森下 忠 氏 

6 参加費

  無料

7 共催

 農業総合試験場(有牛に関する実用化技術研究会)

8 申込み方法
 ご住所を管轄する農林水産事務所農業改良普及課にお申込みいただくか、往復はがきに下記の事項をご記入のうえ、愛知県立農業大学校までお申込みください。

1つの研修につき、往復はがき1枚でお申し込みください。

*複数名で申込みする場合は、代表者の郵便番号・住所・氏名と、その他の全員の氏名を御記入ください。

 往復はがきの記入の仕方(イラスト参照)

 *往診はがき(表面):下記の問い合わせ先

   返信はがき(裏面):(なにも書かないでください)

     往復はがき往復はがき    

 *返信はがき(表面):お申込者の郵便番号、住所、氏名

 *往信はがき(裏面):期日:11月6日、氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号(平日の昼間に連絡がつく番号)

   消えるインクは使用しないでください
  9 往復はがきでの申込み先

  郵便番号 444-0802 岡崎市美合町字並松1-2

  愛知県立農業大学校 研修部 研修担当

10 申込期限

  令和2年10月23日(金曜日)まで(必着)    

  


11 研修案内ちらし

研修案内チラシ [Wordファイル/27KB]

問合せ

  愛知県立農業大学校 研修部
  郵便番号444-0802
  岡崎市美合町字並松1-2
  電話: 0564-51-1034(研修部直通)
  ファックス: 0564-51-4831
  E-mail: noudai@pref.aichi.lg.jp