ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新川の洪水予報

平成14年5月31日 一級河川庄内川水系新川を洪水予報河川に指定しました。

新川洪水予報とは

 新川洪水予報は、降雨により今後新川の水位がどのように変化してくいか予測し、水位が一定の基準高を超えると予想されるときに予報を発表して、皆様に注意・警戒を呼びかけるものです。
 気象台が発表する洪水注意報・警報は愛知県を最大4つの区域に分けて区域内の河川の洪水に対する注意・警戒を呼びかけるものですが、新川洪水予報は愛知県と名古屋地方気象台が共同して新川を特定して予報を行います。具体的には降雨量の予測を名古屋地方気象台が行い、その予測を受けて愛知県尾張建設事務所が水位の予測を行い、必要な場合に洪水予報を発表します。

どうやって予報を知ることが出来るのか

 発表された新川洪水予報は尾張建設事務所が水防管理者である市町村等自治体に、名古屋地方気象台が、防災機関、報道機関及び電気、ガス、電話等ライフライン事業者に対して伝達します。
 一般の皆様はテレビ、ラジオを通じて情報を確認することが出来ます。

洪水予報が発表されたらどうすれば良いか

(1)注意報が発表されたとき今後のテレビ、ラジオからの情報に注意して下さい。(2)警報が発表されたときテレビ、ラジオからの情報に加え、市町村からの避難勧告等の情報にも十分注意して下さい。
また、皆様がお住まいの地域の状況によっては避難の準備をして下さい。

洪水予報の種類と基準

洪水予報の種類と基準
種類発表基準
洪水注意報基準地点の水位が警戒水位(T.P.3.00m)を超え、さらに上昇する恐れがあるとき、
又は警戒水位(T.P.3.00m)を超える洪水となることが予想されるとき
洪水警報基準地点の水位が危険水位(T.P.5.20m)を超えることが予想されるとき
洪水情報洪水注意報又は洪水警報発表後の状況の変化等を説明するとき
解除洪水による危険がなくなったと認められるとき

データ

(1)洪水予報対象河川と区間
水系名河川名実施区間担当部署
庄内川水系新川左右岸:庄内川分派点(洗堰)から海まで愛知県 尾張建設事務所 
気象庁 名古屋地方気象台
(2)水位基準地点・基準水位
基準地点位置所在地指定水位
(m)
警戒水位
(m)
危険水位
(m)
計画高水位
(m)
水場川
外水位
河口から
16.0km
清須市
阿原地内
T.P.2.00T.P.3.00T.P.5.20T.P.5.20
維持管理課のトップページに戻る

維持管理課のトップページに戻る

問合せ

愛知県 尾張建設事務所
維持管理課 管理第二グループ
直通電話 052-961-4421
E-mail: owari-kensetsu@pref.aichi.lg.jp