ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 林務課 > 森林環境譲与税を活用した取組実績について(令和元年度)

森林環境譲与税を活用した取組実績について(令和元年度)

1 実施内容と効果

 森林環境譲与税を活用し、「人材育成」「木材利用拡大」「森林情報整備」の3つを柱に市町村に対する支援を実施しました。

(1)人材の確保・育成(人材育成事業費)

  森林整備を担う人材の確保・育成のため「現場技能者等に対する研修」と「市町村職員に対する研修」等を実施することにより、林業現場技能者及び市町村職員の知識、技術の向上を図りました。

高校生体験講座  傾斜付き伐倒機

左:〔担い手の確保〕林業高校生を対象として体験講座を行い、林業の仕事に触れる機会を提供しました。

右:〔担い手の育成〕林業現場技能者を対象として、伐倒技術や知識を身につけるための研修を行いました。

(2)木材利用の拡大(木材利用拡大事業費)

  新たな木材製品の開発・普及や県産木材製品の普及啓発のためのPR等を実施し、広く木材利用の意義等について理解の促進を図りました。

イベント出展  市町村研修

左:〔木材製品等の普及啓発〕県産木材を活用した躯体などを展示して、来場者へ県産木材の利用方法等をPRしました。

右:〔市町村職員等への木材利用研修〕県産木材を活用した施設の見学を行い、市町村職員等の見識を深めました。

(3)森林情報の整備(森林情報整備事業費)

 約0.2万haの航空レーザ測量・解析等を実施することにより、市町村による適正な森林の経営管理の促進を支援しました。

赤色立体図  林相図

左:〔航空レーザ計測の実施〕計測したデータの解析により、地形の起伏、既存施設等の判別が可能となりました。

右:〔航空レーザ計測の実施〕計測したデータの解析により、樹木の位置、樹高、太さ、樹種ごとの分布が判明しました。

2 各事業内容の詳細について

 本データのとおり活用しております。

愛知県へ譲与された森林環境譲与税を活用した事業の詳細 [PDFファイル/177KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)