ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 労働委員会事務局 > 労働組合の資格審査

労働組合の資格審査

労働組合の資格審査

 労働組合の資格審査とは、労働組合が労働組合法で定められた要件を備えているかどうかについて、 労働委員会が審査することをいいます。

労働委員会の資格審査が必要な場合は?

 労働組合の結成には届出などの手続はいりません。しかし、次の場合には、労働組合法で定められた要件を備えた労働組合であるかどうかについて、労働委員会の審査を受けなければなりません。

  • 不当労働行為の救済を申し立てる場合
  • 法人登記をする場合
  • 労働委員会の労働者委員候補者を推薦する場合
  • 労働協約の地域的拡張適用を申し立てる場合
  • 職業安定法に定める無料の労働者供給事業を行う場合

1 取扱状況

令和3年度取扱件数(令和3年6月30日現在)

取扱件数及び終結状況〔単位:件〕
区分4~6月期
取扱件数前期繰越分15
新規申請分3
18
終結状況適合2
打切り1
取下げ0
3
翌期へ繰越し15
取扱件数の内訳〔単位:件〕
区分4~6月期
内容別不当労働行為の救済申立て17
労働者委員候補者の推薦0
法人登記1
労働協約の地域的拡張適用の申立て0
職業安定法第45条の労働者供給事業0

 

2 過去5年間の取扱状況

取扱件数及び終結状況〔単位:件〕
区分年度
2829302
取扱件数前年度繰越分9971018
新規申請分928133113
1837204131
終結状況適合4213228
打切り59718
取下げ00000
930102316
翌年度へ繰越し97101815
取扱件数の内訳〔単位:件〕
区分年度
2829302
内容別不当労働行為の救済申立て1718192331
労働者委員候補者の推薦0170180
法人登記12100
労働協約の地域的拡張適用の申立て00000
職業安定法第45条の労働者供給事業00000

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)