ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

労働争議の調整

労働委員会は、労働組合と使用者との間の紛争を円満に解決するお手伝いをします!

こんなときは、ぜひ御利用ください。無料です!

概要

  • 使用者が団体交渉に応じてくれない。
  • 労働組合と話し合っているが合意できない。
  • 一方的に賃金が切り下げられた。

調整の方法には、「あっせん」、「調停」、「仲裁」の3つがあります。

1 あっせんとは

 紛争の解決には、当事者同士の誠実な話合いが欠かせません。

 あっせんは、労働問題の専門家である3名のあっせん員が、公平な立場から当事者双方の言い分を別々にお聞きし、問題点を整理したうえで、お互いの歩み寄りを促して、話合いによって解決できるようにお手伝いをするものです。

 労働組合、使用者どちらからでもあっせんの申請をすることができます。

2 調停・仲裁とは

 あっせんのほかにも、「調停」「仲裁」の制度があります。

調停・仲裁とはどんな制度
区分調停仲裁
構成調停委員会(公益委員、労働者委員、使用者委員 各1名)     仲裁委員会(3名以上の奇数の公益委員)
開始原則として、労使双方からの申請。労使協定がある場合など、一方の申請だけでも取り扱う場合があります。詳しいことはご相談ください。
内容調停案を示して、双方に受諾を勧告する。調停案を受諾するかどうかは自由で、法的に拘束されない。仲裁裁定を出す。当事者はこの裁定に従わなければならず、その効力は労働協約と同一である。

3 申請方法

 申請は、所定の用紙でお願いします。

所定の用紙の申請

 申請の際は、直接事務局までお越しください。その際、詳しい事情をお聞きしますので、必ず御本人若しくは、事情の分かる方が来ていただくようお願いします。

※あっせんについては、申請がされても、相手方があっせんに応じない場合など、あっせんを開催できないことがあります。

 申請書は、ダウンロードできます。また、事務局にも用意してあります。

 不明な点については、事務局まで問合せください。

申請書はこちらからダウンロードできます!

4 取扱状況

令和3年度取扱件数(令和3年6月30日現在)
取扱件数及び終結件数〔単位:件〕
区   分4~6月期
取扱件数前期繰越分3
新規申請分3
6
終結状況解決1
取下げ0
打切り2
移管0
3
翌期へ繰越3

 

取扱件数の内訳(新規申請分)〔単位:件〕
区   分4~6月期
内容別団体交渉促進1
経営又は人事2
賃金等0
労働条件等0
その他2
申請者別労働組合3
使用者0
労使双方0
企業規模別100人未満2
100人~499人0
500人以上1
業種別建設業0
製造業0
電気・ガス・熱供給・水道業0
情報通信業0
運輸業,郵便業1
卸売業,小売業0
金融業,保険業0
不動産業,物品賃貸業0
学術研究,専門・技術サービス業0
宿泊業,飲食サービス業0
生活関連サービス業,娯楽業0
教育,学習支援業1
医療,福祉0
複合サービス業0
サービス業1
公務0
(注) 内容別については、調整内容が1事件につき2項目以上のものがあるため、取扱件数と一致しません。 

上記の表の打出用ファイルです。

chousei3.6.30 [PDFファイル/35KB]

5 過去5年間の取扱状況

取扱件数及び終結状況〔単位:件〕
区   分年  度
2829302
取扱件数前期繰越分24103
新規申請分161071516
181481519
終結状況解決574711
取下げ10304
打切り86151
移管00000
141381216
翌年度へ繰越41033
取扱件数の内訳(新規申請分)〔単位:件〕
区   分年  度
2829302
内容別団体交渉促進63177
経営・人事45637
賃金等96101110
労働条件等02052
組合承認・組合活動02011
協約締結・全面改定01010
その他65246
申請別労働組合161071516
使用者00000
労使双方00000
企業規模別100人未満105538
100人~499人42074
500人以上23254
業種別農業,林業00000
建設業01102
製造業42432
情報通信業00000
運輸業,郵便業33063
卸売業,小売業10002
不動産業,物品賃貸業00001
宿泊業,飲食サービス業10001
生活関連サービス業,娯楽業00000
教育,学習支援業23133
医療,福祉00112
サービス業41020
公務10000
(注) 内容別については、調整内容が1事件につき2項目以上のものがあるため、取扱件数と一致しません。

上記の表の打出用ファイルです。

chousei5nen [PDFファイル/33KB]

6 参考

あっせんのフローチャート

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)