ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 商工業・中小企業 > 中小企業支援 > 中小企業の振興に係る条例の制定について

中小企業の振興に係る条例の制定について

条例制定の背景について

本県では、平成23年6月に、今後5年間の産業労働政策の基本的な方向性及び重点施策を示す「あいち産業労働ビジョン2011-2015」を策定しました。

この「ビジョン」では、5つの施策の柱のひとつとして、「中小企業力の強化」を掲げ、中小企業の振興に注力していくこととしております。

この「施策の柱」の下、具体的な取組として、中小企業振興の施策を総合的に推進するための条例を制定することとしており、平成24年度中の制定を目指して、次のように取り組んでいます。

条例制定の取組について

1.中小企業活性化懇話会について

 幅広い観点から条例案を検討するために、学識者、企業・団体及び行政による懇話会を開催しています。

 この懇話会での意見は、今後、このページの中に追加していきます。

愛知県中小企業活性化懇話会委員名簿(50音順 敬称略)
 氏名団体名等 職名 備考 
伊藤 範久社団法人中部経済連合会 専務理事  
入倉 憲二名古屋市 副市長 
小川 悦雄愛知県 副知事  
奥野 信宏中京大学 理事・教授 ◎委員長 
神谷 学安城市 市長 愛知県市長会会長 
古角 保三菱東京UFJ銀行 副頭取 社団法人名古屋銀行協会会長
杉浦 三代枝スギ製菓株式会社 代表取締役 愛知中小企業家同友会会長 
説田 公人トヨタ自動車株式会社 総務部長 
坪井 明治株式会社坪井花苑 代表取締役 愛知県商店街振興組合連合会理事長 
鶴田 欣也鶴田石材株式会社 代表取締役社長愛知県中小企業団体中央会会長 
土肥 和則日本労働組合総連合会愛知県連合会 事務局長 
西村 眞愛知県信用保証協会 理事長 
能田 孝昌いちい信用金庫 会長 愛知県信用金庫協会会長 
野田 泰義KTX株式会社代表取締役社長 
藤井 敏夫公益財団法人あいち産業振興機構 理事長 
細谷 孝利愛知県商工会議所連合会専務理事  
本多 克弘本多プラス株式会社代表取締役会長  
山田 基成名古屋大学大学院 准教授  
家森 信善名古屋大学大学院 教授  
横山 光明設楽町町長 愛知県町村会会長 
吉田 弘株式会社吉田組代表取締役会長愛知県商工会連合会会長 

第1回 愛知県中小企業活性化懇話会の開催について

○第1回の懇話会を開催しました。

日時:平成23年12月22日(木) 午後2時から

場所:愛知県産業労働センター ウインクあいち 18階セミナー室

第1回懇話会での主なご意見

第2回 中小企業活性化懇話会の開催について

○第2回の懇話会を開催しました。

日時:平成24年2月13日(月) 午前10時から

場所:アイリス愛知 2階 コスモス

第2回懇話会での主なご意見

第3回 中小企業活性化懇話会の開催について

○第3回の懇話会を開催しました。

日時:平成24年3月16日(金) 午前10時から

場所:名古屋銀行協会 2階 201号室

2.中小企業者等からの意見聴取について

懇話会の開催のほか、開かれた意見の交換・聴取の機会を確保するために、次のような取組も、併せて行っていきます。

(1)中小企業者との車座集会の開催

県内各地域において、県職員が訪問して、中小企業者の方と直接意見交換を行う会(車座集会)を、公募で実施します。

  • 具体的には、中小企業者の地域での会合などの機会に、県職員を呼んでいただく形での実施を想定しております。 
  • 条例の制定に向けた意見交換を主な内容としますが、中小企業振興に関して、特に関心のある分野を事前にお知らせいただければ、そうした話題にも対応いたします。
  • 車座集会の実施は、当面、平成23年度末までを想定しております。 

ご希望の方は、次の様式により、ファクシミリ又は電子メールにて、お申込ください。

募集案内及び申込様式(ファイル名:kurumaza.doc サイズ:38.00KB)

(2)中小・小規模企業訪問を通じた意見聴取

愛知県産業労働部で、年2回各100社程度を対象として行っている「中小・小規模企業訪問ヒアリング」において、ご意見を伺っています。

23年度秋の実施では、10月14日から11月18日の間に104社を訪問し、意見交換を行いました。

(3)意見提出機会の充実

一般県民の方にも幅広くご意見をお寄せいただけるよう、Webアンケートを実施します。

次のボタンから、アンケート回答サイトへお進みください。

 

アンケート回答サイトへ進みます

問合せ

愛知県 産業労働部 産業労働政策課

E-mail: sanro-seisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)