ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業政策課 > 自動車諸税の抜本的な見直しに向けた取組

自動車諸税の抜本的な見直しに向けた取組

自動車諸税の抜本的な見直しに向けた取組について

1 概要

 自動車産業は、広範な関連産業を持ち、我が国の経済や雇用を支える産業であり、特に愛知県では、製造品出荷額等の約5割、就業者の約3割を占める基幹産業となっています。
 愛知県では、自動車諸税を適切に見直すことによって、特に複数保有が常態化し、負担が重くなっている地方の自動車ユーザーの負担軽減、生活の向上が図られ、また、幅広い自動車産業の活性化を図ることは、震災等からの復興の促進や我が国経済の「稼ぐ力」の回復に資するとともに、雇用や税収の安定的な確保を通じて、地域経済の持続的な成長に大きく寄与するものと考えています。

2 これまでの取組

(1)国の施策・取組に対する愛知県からの要請

 毎年度実施している「国の施策・取組に対する愛知県からの要請」において、自動車諸税の見直しについて国への要請活動を行っています。

(2)関係県・政令市と連携した取組

 自動車産業が集積しているなど取組の趣旨に賛同する県・政令市と連携した国への要請活動を行っています。

3 取組の成果

 「平成31年度税制改正大綱」において、消費税率10%への引上げにあわせ、令和元年10月から、自家用乗用車(新車)の自動車税の恒久減税等が行われます。
クルマの税の見直しにかかる周知・広報特設サイト(経済産業省)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)