ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 西部家畜保健衛生所 > 西部家畜保健衛生所の業務

西部家畜保健衛生所の業務

沿革

 家畜保健衛生所法に基づいて昭和26年6月現在地に設置され、その後家畜保健衛生所法施行規則の一部改正(昭和40.11.5農林省令第55号)に基づく家畜保健衛生所再編整備方針により、昭和44年4月広域家畜保健衛生所として発足しました。平成20年4月に地方機関の見直しにより尾張家畜保健衛生所と統合、西部家畜保健衛生所及び西部家畜保健衛生所尾張支所となっています。

業務内容

防疫業務

検査・注射・立入検査

  家畜伝染病の発生を予防するため、各種検査を実施しています。さらに伝染病の発生時には、緊急的に予防注射、検査、消毒などのまん延防止対策を講じています。

発生予察

  家畜の生産性に重大な影響を与える疾病について、その流行を予測するための調査や、特定の疾病についてその浸潤状況の調査を実施し、的確な予防対策に役立てています。

牛の採血をしているところです。

牛の採血

豚の採血をしているところです。

豚の採血

指導業務

慢性疾病のまん延防止と生産性の向上

  家畜の損耗防止と生産性の向上を図るため、畜産農家を巡回し、検査および衛生指導を実施しています。

広報活動

  畜産経営における生産性改善および地域の家畜衛生意識の向上を図るため、畜産関係者に対し、ホームページ等を通じて衛生情報を提供しています。

鶏の採血をしているところです。

鶏の採血

室内検査をしているところです。

室内検査

病性鑑定業務

家畜伝染病などが疑われる場合には、迅速かつ的確な診断のために検査を実施しています。
細菌検査をしているところです。

細菌検査

畜産環境保全業務

畜産経営の環境保全を確保するため、畜産農家の立ち入り検査及び指導を実施しています。

動物薬事・獣医事業務

 動物薬事・獣医事業務動物用医薬品販売業者の許可並びに飼育動物診療施設の届出に係る業務を実施しています。また、販売業者や診療施設の立ち入り検査を実施しています。

受精卵移植業務

牛群能力向上を図るため、バイテク技術を活用した牛受精卵移植を実施しています。

問合せ

愛知県西部家畜保健衛生所
〒470-2324  知多郡武豊町字内鉋1-2
TEL (0569)72-0344  FAX (0569)72-2770
E-mail: seibu-kachiku@pref.aichi.lg.jp


愛知県西部家畜保健衛生所 尾張支所
〒486-0851  春日井市篠木町8-2673-5
TEL (0568)81-1874  FAX (0568)82-8475