ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 精神保健福祉センター > あいちギャンブル障害回復トレーニングプログラムについて

あいちギャンブル障害回復トレーニングプログラムについて

あいちギャンブル障害回復トレーニングプログラム (ART-G:本人向けグループ)

ギャンブル等の楽しみ方をあらためたい、と考える方を対象にしたプログラムです。

「やめたいと思うけど、なかなか自分でコントロールが難しい」

「家族にギャンブルのことで、あれこれ言われ、どうしたらいいか分からない」

「わかっているのに、給与の大半をギャンブルに使いこんでしまう」

「このまま続けたら、家庭と仕事に支障がでてしまうかもしれない」

このように感じられている方は是非ご連絡ください。
同じギャンブルについての悩みを抱える仲間で集まり話し合うことで、わかちあえることもたくさんあります。
1人で悩まず、どうすればよいか一緒に考えませんか。参加をお待ちしています。

<プログラム内容>

全6回のプログラムで、テキストを用いてグループで学びます。コースの途中からの参加も可能です。
原則毎月第2火曜日の午後1時半から3時半まで、1回2時間のプログラムになります。
事前予約制で、2019年度の年間予定は下記のとおりです(2月のみ第2火曜が祝日のため、第1火曜に実施)。

2019年度プログラム年間予定表 *変更する場合があります
回数日程テーマ
第1クール第2クール
第1回4月9日10月8日あなたのギャンブルについて整理してみましょう
第2回5月14日11月12日引き金から再開にいたる道すじと対処
第3回6月11日12月10日再開を防ぐために
第4回7月9日1月4日私の道しるべ
第5回8月13日2月4日*回復への道のり
第6回9月10日3月10日アンコールセッション

<プログラム対象者>

愛知県にお住まいのギャンブル等の悩みがある当事者の方のうち、当センターにおいて面接をして参加が適当と認められた方が対象です。
現在医療機関に受診されている方については、主治医の先生からプログラムについて参加同意を得ていることが必要になります。
(当センターでは、診察や診断、投薬治療といった医療行為は行いませんので、通院されている方は継続してかかりつけ医療機関に受診していただくようお願いします)

<プログラム参加費用>

参加・相談については、特に費用はかかりません(参加するための交通費等は実費負担になります)。

<プログラム参加方法>

参加を希望される場合は、まずは下記の電話番号に「ART-G(あーとG)参加希望」とご連絡下さい。
当センター担当職員が事前面接についてご案内させていただきます。
「参加するか迷っている・・・」「全5回全て参加するのは難しい・・・」「ちょっと気になる程度だけど」という場合についても、まずは気軽にご相談下さい。

相談受付電話
 *愛知県精神保健福祉センター 052‐962‐5377 午前9時から正午、午後1時から午後4時30分まで

ART-Gチラシ [PDFファイル/133KB]

その他(家族の方からの相談等)

◆ ギャンブル等の問題でお困りのご家族等の方からのご相談もお受けしています。
  名古屋市をのぞく愛知県内にお住まいの方は、下記の相談電話をご利用下さい
  (名古屋市にお住まいの方は名古屋市精神保健福祉センターの「依存症相談窓口」をご利用ください)
  「 ギャンブル等依存症の電話相談 」052‐951‐1722 午前9時から正午、午後1時から午後4時30分まで

◆ 当センターでは、ギャンブル以外の薬物・アルコール依存といった依存の悩みを抱えている方向けのプログラムも開催しています。
   詳しくは当センターのホームページの「各種相談」から「薬物依存(麻薬・覚せい剤・シンナー等)に関する相談」の中から
   「あいまーぷ回復支援プログラム(本人向けグループ)」をご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)