ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

健康づくり

精神科で治療を受けている方も、普段から健康づくりに心がけることは大切です。
なかには、肥満傾向、血圧や血糖値が高め、中性脂肪やコレステロール値が高めの方などがあり、自覚症状がないため、
気づかないうちに高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病を引き起こしていることがあります。
生活習慣病予防のため、定期的に健康チェックを行い、食事や運動、睡眠をしっかりとるといった日常生活に気を配ることが大切です。

◆ 健康診査

特定健康診査として40歳~74歳の方には、お持ちの保険証を発行している機関(保険者)から特定健診・保健指導の案内があります。
国民健康保険の方は、市町村の国保担当課から通知されます。
また、75歳以上の方には高齢者の健康診査として、市町村の健診を受けることができます。

◆ がん検診

胃・大腸をはじめ女性のがん検診もお住まいの市町村で行っています。
なお、健康診査やがん検診の費用は一部自己負担がある場合もあり、実施方法も異なります。
また健康診査以外にも市町村保健センターで保健師や栄養士による健康相談を行っています。
これらの健康に関する情報は市町村の広報誌に案内が載りますが、詳しくは市町村の保健センターにお問い合わせください。

市町村保健センター一覧 [PDFファイル/133KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)