ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 森林保全課 > 「あいち森と緑づくり税」による森と緑づくりの概要

「あいち森と緑づくり税」による森と緑づくりの概要

山から街まで緑豊かな愛知の実現をめざして

 

「森と緑」は環境保全、災害防止等の公益的機能により、私たちの暮らしを支えています。

本県の「森と緑」を県民共有の財産として健全な状態で将来に引き継ぐため、平成21年4月から『あいち森と緑づくり税』を導入し、この税を活用して、手入れが行き届かない人工林の間伐や、放置された里山林の整備・保全及び都市部における貴重な緑地の保全・創出に加え、県民参加による森や緑の保全活動や環境学習などの取組を推進し、山から街まで緑豊かな愛知の実現をめざしています。
 
森と緑を有する
 
                         矢印
あいち森と緑づくり税の活用
 

あいち森と緑づくり事業の背景と取組について

間伐が遅れた森林 人工林

                         矢印

  森と緑づくりに関するが依存の施策 
森林 里山林都市の緑
   森林里山林都市の緑

あいち森と緑づくり税について

○ あいち森と緑づくり事業は、森と緑が有する様々な公益的機能の発揮を目的として、「あいち森と緑づくり税」や企業等からいただいた寄付金等により10年計画で実施している事業です。

○ 「あいち森と緑づくり基金」を設置し、あいち森と緑づくり税は全てこの基金に積み立てて、あいち森と緑づくり事業に限定して支出することで、使途の明確化を図っています。

○ 事業の効果的な推進と透明性の確保のため、事業成果の積極的な公開とともに、有識者や活動団体の代表、公募委員で構成される「あいち森と緑づくり委員会」を設置し、事業の計画、進捗、実績の評価等に対する意見をいただきながら、それを参考に事業を進めています。
あいち森と緑づくり基金

【あいち森と緑づくり税】

〈あいち森と緑づくり税条例〉
(広く県民全体で負担)

個人県民税・法人県民税の均等割の超過課税 
 個人 年間500円増
 法人 5%増(資本金により年間1,000円から40,000円増)

税収見込み
 
年間 約22億円 (個人:約18億円、法人:約4億円)

超過課税期間
 平成21年度から15年間(令和5年度まで)

【寄付金】
(県民、企業等の寄附を受け入れる)

問合せ

愛知県 農林基盤局 林務部 森林保全課 森と緑づくり推進室
E-mail: mori-midori@pref.aichi.lg.jp

 

森と緑づくり推進室トップへ戻る