ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 東三河総局新城設楽振興事務所 > 【奥三河探訪】第52回長篠合戦のぼりまつりが開催されました

【奥三河探訪】第52回長篠合戦のぼりまつりが開催されました

 新城設楽振興事務所では、「奥三河探訪」と題して、愛知県奥三河地域の伝統行事やイベント、四季の移ろいなどを紹介しています。
 平成29年5月5日(金曜日)、晴天の中、新城市で「第52回長篠合戦のぼりまつり」が開催されました。
 「長篠合戦のぼりまつり」は、「しんしろ戦国絵巻三部作」の第一部として開催され、「長篠の戦い」で戦死した武田軍及び織田・徳川連合軍の両軍の将士の霊を慰めるために、関係将士の定紋入りのぼりを献植して行うまつりです。
 
会場
 会場は長篠城址です。好天の中、たくさんののぼりがたなびいていました。
 まつりの冒頭、一般公募で集まった市民が勇壮な戦国武将に扮し、鳳来総合支所から長篠城址までの約2キロを練り歩きました。

 
合戦行列の様子1
〔合戦行列に参加する石原副知事(右から2人目)〕
 
合戦行列の様子2
 今年はNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公「井伊直虎」も行列に参加しました。
合唱
 式典の前に鳳来中部小学校の児童が元気に「長篠合戦の唄」を合唱しました。
火縄銃演武
火縄銃演武2
 長篠城本丸跡では、米沢藩古式砲術保存会(よねざわはんこしきほうじゅつほぞんかい)や長篠・設楽原鉄砲隊(ながしの・したらがはらてっぽうたい)などによる火縄銃演武が行われ、迫力ある火縄銃の音や、立ち上る白煙に会場が沸いていました。
***************
これからの奥三河のイベントは「奥三河観光協議会」
奥三河探訪の過去記事は「奥三河探訪」