ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【奥三河探訪】神田の黒梅

 新城設楽振興事務所では、「奥三河探訪」と題して、愛知県奥三河地域の伝統行事やイベント、四季の移ろいなどを紹介しています。

 今回は、設楽町の「神田(かだ)の黒梅」をご紹介します。

 神田の黒梅は、設楽町神田地区にある樹齢80年以上と言われる梅の木で、幹や枝が黒いことから、「黒梅」と呼ばれているという説もありますが、はっきりとした由来は分からないそうです。

 梅の花自体は、濃いピンク色をしています。

花

 今年は例年よりも一か月ほど開花が早く、1月下旬に開花したということです。

全景

 取材日は3分咲きから4分咲きといったところでしたが、設楽町観光協会によれば、例年3月ごろまで花が楽しめるということです。

花の写真

【満開の時の様子。2018年3月撮影】

********************
 

アクセス(設楽町田口から):国道473号を東栄町方面に向かい、岩古谷トンネルを抜け1キロほど行くと右手側にJA愛知東こんにゃく村があります。さらに国道473号を300メートルほど行った分岐に「神田の黒梅」の看板があります。

看板

 

 

設楽町の観光の情報は「設楽町観光協会」ホームページ
 
これからの奥三河のイベントは「奥三河観光協会」ホームページ
*********************
奥三河探訪の過去記事は「奥三河探訪」