ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 東三河総局新城設楽振興事務所 > 【奥三河探訪】奥三河の滝を求めて -前編- (桐谷の不動滝、村行の七滝)

【奥三河探訪】奥三河の滝を求めて -前編- (桐谷の不動滝、村行の七滝)

 新城設楽振興事務所では、「奥三河探訪」と題して、愛知県奥三河地域の伝統行事やイベント、四季の移ろいなどを紹介しています。

 奥三河で滝と言えば、新城市の「阿寺の七滝」や東栄町の「蔦の渕(つたのふち)」などが有名ですが、それら以外にもいくつもの滝があります。そのうち、四つの滝を前編、後編に分けて紹介します。

 

 前編は、新城市の「桐谷(きりや)の不動滝」と東栄町の「村行(そんぎょう)の七滝」です。これら二つの滝は、ともに奥三河の主要な道路である国道151号線からほど近いところにあります。

 

 まずは「桐谷の不動滝」です。

 

 桐谷の不動滝はJR飯田線の三河大野駅から国道151線沿いに歩いて10分ほどのところにあります。

 国道の脇に「不動滝」の看板があります。

不動滝看板

 看板の横にある鳥居をくぐり、川に向かって下りていくと、正面に見えるのが「桐谷の不動滝」です。

桐谷の不動滝

 また、ここには宇連川に架かる吊り橋があります。

桐谷の吊り橋

桐谷の不動滝対岸から

【対岸から滝を望む】

 

 続いて東栄町の「村行の七滝」です。村行の七滝は、東栄町古戸(ふっと)地区にあり、国道151号沿いに駐車場があります。

村行の七滝看板

 駐車場から国道を渡り、看板に従って歩くと数分で最初の滝、不動滝が見えてきます。

不動滝

【不動滝】

チェンソーアート

【滝の入り口にはチェンソーアートの作品も】

 村行の七滝は不動滝、大平滝、村行小滝、村行大滝、夫婦滝(女滝)、夫婦滝(男滝)、おとめ滝の七つの滝からなっており、地元の「古戸ひじり会」の方々によって、遊歩道や看板が整備されています。

大平滝

 【大平滝】

村行小滝

【村行小滝】

村行大滝

【村行大滝】

夫婦滝(女滝)

【夫婦滝(女滝)】

 
 後編では設楽町の穴滝と豊根村の大立不動滝を紹介します。
**********
新城市の観光情報は「新城市観光協会」
東栄町の観光情報は「東栄町観光まちづくり協会」
これからの奥三河のイベントは「奥三河観光協議会」
奥三河探訪の過去記事は「奥三河探訪」