ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 自然環境課 > 「生物多様性 あいち学生プロジェクト」について

「生物多様性 あいち学生プロジェクト」について

 愛知県では、「愛知県SDGs未来都市計画」に基づき、ユースを核とした協働による生物多様性保全活動を推進するため、「生物多様性 あいち学生プロジェクト」を令和元年度に立ち上げました。このプロジェクトでは、次代を担うユースの皆さんがユースの視点で自然環境を考え、様々な活動団体と交流しながら保全活動を行うことで、生物多様性保全の連携の輪を広げるとととに、活動を次の世代へつないでいきたいと考えています。
 近年、地球規模で生物多様性の危機が叫ばれていますが、豊かな生物多様性を未来へつなぎ、持続可能な社会をつくるために何ができるか、ユースの皆さんが主体的に考え、企業やNPO、行政との協働等により活動を企画、実践していくことを、愛知県も支援します。
 2020年はCOP10から10年、愛知目標の目標年であり、中国で開催予定のCOP15で次の世界が採択される、節目となる年です。また、SDGsの取組が世界的な広がりを見せる今、ユースの皆さんによる生物多様性保全活動は、持続可能な社会の構築に向け、より一層重要な意味を持つものです。
 ユースの皆さん、一緒に学びながら生物多様性保全の活動を実践・発信し、より良い愛知の自然環境を実現しましょう!本プロジェクトへの、皆さんの積極的な参加をお待ちしています。

1 活動紹介

 令和元年度にスタートしたこの取組で、オール愛知で生物多様性に取り組む学生団体「GAIA」が立ち上がりました。各地の保全団体と連携しながら、「守る」、「つなぐ」、「広める」をキーワードに、生物多様性保全に向けた若者ならではの活動を、愛知目標の生まれたここ愛知で展開していく予定です。
 令和2年3月に学生フリーペーパー「GAIA 創刊号」を作成しましたので、ご覧ください。
 愛知県では、県内9地域に、企業やNPO、大学、行政等の多様な主体からなる生態系ネットワーク協議会が設立され、各地域ごとに生物多様性保全の様々な取組を進めています。
 本プロジェクトにおいても、生態系ネットワーク協議会と連携して、若者の皆さんの活動参加を支援いたします。ユース世代の皆さん、生物多様性を保全するどのような活動があるのか、まずは体験してみませんか?次代を担う若者の皆さんの参加を、愛知県はじめ、様々な団体がお待ちしています。

2 これまでの活動報告

 令和元年度には、オール愛知で生物多様性の保全活動について連携の輪を広げるため、若者に何ができるかを話し合う学生ワークショップや、実際の保全活動を体験するフィールド保全活動体験を開催しました。その結果は以下のとおりです。

トヨタ
三五

3.その他

 愛知県では、「地理情報システム(GIS)」を活用した、生物保全活動の見える化を行っています。スマートフォンやPCから誰でも簡単に、自分たちの保全活動の内容を登録し、マッピングできます。こうしたツールを活用いただいて、皆さんに楽しみながら活動を実施していただくとともに、活動ネットワークを広げていきたいと考えています。

 マップ上に各活動内容を記録した「各保全活動マップ」、活動内容を登録するための「生物多様性保全活動ロガー」とがあります。お気軽にご活用ください。

4 活動申込・問い合わせ 

本プロジェクトにご関心を持った皆さん、お気軽に下記までご連絡ください。
愛知県 環境局 環境政策部 自然環境課 国際連携・生態系グループ(担当:滝口)
E-Mail:shizen@pref.aichi.lg.jp
電話:052-954-6229

※ユースを中心とした多様な主体の参加による生物多様性保全は「愛知県SDGs未来都市計画」(2019年8月策定)の中核的な取組として位置づけられています。

SDGs

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)