ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 自然環境課 > 生態系ネットワークチェックリスト(簡単なチェックで効果的な取組を実現するツール)

生態系ネットワークチェックリスト(簡単なチェックで効果的な取組を実現するツール)

生態系ネットワークチェックリストとは

 このチェックリストは、様々な方々が取組の内容を自ら確認し、気づいていただくことにより、多様な主体のコラボレーション(協働)を進めていくためのツールです。「生態系ネットワークチェックリスト」を活用することによって、簡単に事業や活動の内容をより良くしていくことができます。

チェックリスト

 

・3種類のチェックリストから、実施する事業や活動に該当するものを選定してください。

・チェックリストを使って事業や活動内容を確認してください。

・チェックリストは、できるだけ事業や活動の早い段階から活用してください。

・チェックリストは事業や活動の実施主体が県に提出してください。

・あわせて、あいちミティゲーション定量評価手法の基本情報シート、環境条件シート、及び評価結果シートも提出してください。

・不明な点は、愛知県環境局環境政策部自然環境課にご相談ください。

  チェックリストの対象区分

生態系ネットワークチェックリストには、A.開発事業用、B.ビオトープ創出事業用、C.自然環境保全活動用の3つがあります。以下を参照して、実施する事業や活動に該当するものを選択してください。

A.開発事業

開発事業イラスト適用対象
・開発における自然への影響を回避、最小化、代償し、生物の生息生育空間を開発区域や区域外で保全・創出する事業


・公共施設の建設や、工場・事業所の新設、
・敷地拡大における自然の保全やビオトープ(樹林、草地、水辺など)の整備など

B.ビオトープ創出事業

ビオトープ創出事業イラスト適用対象
・自然環境の損失を伴わず、新たに生物の生息生育空間を創出する事業


・工場・事業所、学校などの敷地内におけるビオトープの整備
・企業が保有する空地などを活用したビオトープの整備
・公園や公共施設、河川など公有地における、自然再生やビオトープの整備など

C.自然環境保全活動

自然環境保全活動適用対象
・すでにある生物の生息生育空間を管理し、質の維持・向上を図る活動


・市民団体や企業の社員による里山管理(二次林の間伐、竹林の伐採など)
・企業が所有する林や草地の管理(間伐、草刈りなど)
・市民団体による湿地の管理
・有機減(無)農薬や冬水田んぼなど、生物の生息環境に配慮した農業など

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)