ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 防災・危機管理 > 消防 > 平成30年度愛知県石油コンビナート等防災訓練

平成30年度愛知県石油コンビナート等防災訓練

平成30年度愛知県石油コンビナート等防災訓練

~危険物の海上流出、タンクからの漏えい・タンク火災等に対する訓練を行いました~

1 概要

 この訓練は、石油コンビナート等災害防止法及び愛知県石油コンビナート等防災計画に基づき、県、市町村、防災関係機関及び特定事業所等が毎年実施するものです。

 今年度の訓練は、南海トラフを震源とする地震により、碧南市で最大震度7の地震が発生した場合の石油コンビナート災害を想定しています。

 また、応急予防措置や避難等の訓練の他、県内からの応援が必要となる場合を想定して、近隣消防本部や各関係機関との連携を取り入れた訓練を実施しました。

2 目的

 県、市町村、防災関係機関及び特定事業所等が参加して、迅速かつ円滑な応急対策訓練等を実施することにより、参加機関相互の協力体制を確立するとともに、事業所従業員の防災意識の高揚を図り、防災対策の充実強化を図ることを目的とする。

3 実施日時

  平成30年10月23日(火曜日)午後1時00分から午後3時50分まで

4 実施場所

  中部電力株式会社碧南火力発電所及びその周辺海域

5 主唱

  愛知県石油コンビナート等防災本部

6 主催

  愛知県、碧南市、第四管区海上保安本部、名古屋海上保安部

7 協力機関

  中部電力株式会社碧南火力発電所、衣浦東部広域連合

8 訓練内容

(1)海上訓練

  危険物の海上流出を想定し、オイルフェンス等を用いた排出油の防除活動、消防艇による消火活動等を実施。

(2)陸上訓練

  危険物の漏えい、タンク火災等を想定し、防油堤の補修や消防車による消火活動等を実施。

9 訓練参加機関

(1)参加者数等

    防災機関、特定事業所等 23機関 

訓練参加者 550名

(2)参加車両等

  ヘリコプター3機、船艇14隻、車両32台

10 訓練風景

海上訓練1
海上訓練2 海上火災への放水
陸上訓練1
陸上訓練2 重油タンクへの冷却放水

問合せ

愛知県 防災安全局 防災部 消防保安課

E-mail: shobohoan@pref.aichi.lg.jp