ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者 > 愛知県障害者基礎調査の結果について

愛知県障害者基礎調査の結果について

平成23年3月30日(水曜日)発表

 

愛知県障害者基礎調査の結果について

 愛知県では、平成22年10月に今後の障害者支援施策を検討する際の基礎資料を得るため、県内に在住の身体障害、知的障害、精神障害、発達障害のある方を対象に、アンケート調査を実施しました。(前回は平成6年度に身体障害のある方を対象に実施)

【調査対象者:2,500人  有効回答:1,492人(回答率 59.7%)】

 今回の調査では、障害のある方の生活・収入の状況、教育(就学)の状況、就労状況、保健・医療サービスの利用状況、県の施策へのニーズ等をお伺いするとともに、障害のある方が日常生活や社会生活を営む上で、困っていることなどについても、自由にご意見をいただいています。

 調査結果のポイントは下記のとおりです。

<結果のポイント>(詳細は報告書をご覧ください)

1 優先すべき県の施策(問89)
  ○ 「雇用・就労の促進施策」の優先度が最も高く、次いで「障害及び障害のある方に対する一般県民の理解の促進」、「医療費・福祉サービス利用時の負担の軽減に関する施策」、「障害福祉サービスの充実のための施策」の順となっています。

2 障害福祉サービス
(1)今後利用したい障害福祉サービス(問41)
 ○ 「短期入所(ショートステイ)」を希望される方の割合が最も大きく、次いで「居宅介護(ホームヘルプ)」、「行動援護」の順となっています。

(2)今後利用したいその他の福祉サービス(問42)
 
○ 「相談支援事業」を希望される方の割合が最も大きく、次いで「特にない」、「移動支援事業」の順となっています。
 ○ 障害別でみると、知的障害のある方では「移動支援事業」を希望される方の割合が大きく、発達障害のある方では「相談支援事業」を希望される方の割合が大きくなっています。

3 就労
(1)就労の形態(問76)
 ○ 「会社などに勤めている(正社員)」方の割合が最も大きく、次いで「福祉サービス事業所で働いている」、「会社などに勤めている(パート、アルバイト、派遣社員)」の順となっています。
 ○ 障害別でみると、身体障害のある方では「会社などに勤めている(正社員)」方の割合が大きく、知的障害のある方では「福祉サービス事業所で働いている」方の割合が大きくなっています。

(2)仕事を見つけた方法(問77)
 ○ 「学校の紹介」による方の割合が最も大きく、次いで「家族、友人、知人の紹介」、「自分で探した」の順となっています。

(3)障害のある方が会社等で働く際に必要な配慮(問80)
 ○ 「障害のことを理解する会社などがあること」と考える方の割合が最も大きく、次いで「職場の人たちが障害のことを理解すること」、「障害者の就労について、積極的に進める職場や地域が増えること」、「就職した後も、困ったときは助けてもらえること」、「会社などで働くための支援を増やすこと」、「職場内で相談支援をする人がいること」の順となっています。

(4)仕事が続かない理由(問82)
 ○ 「体調に波があり、いつも同じようには働けないため」と回答した方の割合が最も大きく、次いで「体力的に続かないため」、「職場の上司や同僚と仲良くやれないため」の順になっています。

4 権利擁護
(1)成年後見制度の利用状況(問47)
 ○ 「利用している」方の割合が3.6%、「利用していない」方の割合が89.4%となっています。

(2)差別や虐待の状況(問83、問85)
 ○ これまでに差別を受けたことが「ある」と回答した方の割合は31.8%、「ない」と回答した方の割合は58.5%となっています。
 ○ 障害別でみると、知的障害、発達障害のある方で「ある」の割合が他の障害種別と比較して大きくなっています。
 ○ また、これまでに虐待を受けた経験が「ある」と回答した方の割合は13.5%、「ない」と回答した方の割合は73.1%となっています。
 ○ 障害別でみると、精神障害のある方で「ある」の割合が他の障害種別と比較して大きくなっています。

5 自由意見(「特に困っていること」:多く寄せられた意見を類型化しています)
(問90)
 ○ 一般県民の障害に対する理解が不足している。
 ○ 受けられるサービスに関することなど、必要な情報が手に入らない。
 ○ どこに相談すればいいかわからない。
 ○ 短期入所(ショートステイ)の事業所を充実してもらいたい。
 ○ 日中活動の場を充実してもらいたい。
 ○ 医療費の負担の軽減を。
 ○ 障害年金、各種手当ての増額を。
 ○ グループホーム、ケアホームの拡充を。
 ○ 入所施設の拡充を。
 ○ 特別支援学校の増設を。
 ○ 学校の先生の障害に関する知識、理解が不足している。

 

 

愛知県障害者基礎調査報告書

問合せ

愛知県健康福祉部障害福祉課
計画・指定グループ
担当:池田・吉田
電話:052-954-6317
内線:3238、3237

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)