ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 障害福祉課 > 新型コロナウイルス感染症が疑われる聴覚障害者向けの遠隔手話サービスについて

新型コロナウイルス感染症が疑われる聴覚障害者向けの遠隔手話サービスについて

 新型コロナウイルス感染症の発生により、手話通訳者への感染が懸念されることから、聴覚障害者の方が帰国者・接触者外来の受診等に際して手話通訳者の同行が困難な場合があります。
 そこで、本県では感染防止のため遠隔手話サービスの提供体制を整備し、聴覚障害者の方への意思疎通支援の強化を図ります。

1 サービスの概要

 帰国者・接触者相談センターへのFAX相談等により新型コロナウイルス感染症の疑いがあり、医療機関の受診等を案内された聴覚障害者の方に、専用のタブレット等を活用し遠隔手話サービスを提供するものです。

2 実施団体(お問い合わせ先)

 あいち聴覚障害者センター
  名古屋市中区三の丸1-7-2 桜華会館1階
  FAX:052-221-8663
  電話:052-228-6660
  メールアドレス:aichi.deaf.center@flute.ocn.ne.jp

3 利用方法等

 帰国者・接触者相談センターで行う受診調整などに併せて遠隔手話サービスの利用希望を確認し、利用の希望があった場合に医療機関へ専用タブレット等を送付することでサービスを提供します。

 一般的な流れ及び新型コロナウイルス感染症の相談に関する情報などは、パンフレット及びあいち聴覚障害者センターのホームページをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)