ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 障害福祉課 > 愛知県カラーユニバーサルデザイン普及ワークショップを開催します

愛知県カラーユニバーサルデザイン普及ワークショップを開催します

 現代社会において、色は重要な情報伝達手段となっています。しかし、色の見え方は人によって違います。
 色を使うことによって分かりやすくしたつもりが、一部の方には、かえって分かりづらくなる場合があることから、様々な場面・場所で、誰に対しても情報が正確に伝わるよう、色の使い方などにあらかじめ配慮する「カラーユニバーサルデザイン」を取り入れることが重要になります。
 また、男性の約20人に1人、女性の約500人に1人に、先天性の色覚異常があるといわれており、学校においても、そうした児童・生徒への配慮が必要となります。
 こうした状況を踏まえ、学校教職員や色弱の子どもの保護者の方々を対象として色覚の多様性や配慮の仕方などについて理解を深める「愛知県カラーユニバーサルデザイン普及ワークショップ」を下記のとおり開催します。

 ※このワークショップは、定員に達したため、参加申込みの受付を終了しました。

1 開催日時

平成30年12月17日(月曜日)午後2時から午後4時30分まで

2 会場

栄ガスビル5階キングルーム
(名古屋市中区栄3丁目15-33)

3 定員

各50名(参加無料、申込先着順)

4 内容

第1部 講演

◆色覚に関する講演
 講師:富永 さかえ 氏(NPO人にやさしい色づかいをすすめる会)

第2部 ワークショップ

◆事例研究
 (学校でカラーユニバーサルデザインに配慮が必要なモノ・コト)
◆バリアント-ルを活用した色弱体験
◆色弱の子供への配慮の方法
 ※第1部の講師の他、同会所属の色弱当事者等も講師として参加します。

5 申込方法

このワークショップは、定員に達したため、参加申込みの受付を終了しました。

 

6 当日の持ち物

・参加証
 ※愛知県から12月上旬を目処に郵送します。
 ※当日、会場の受付で御提示いただきます。

7 開催チラシ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)