ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 障害福祉課 > 相談支援従事者研修について

相談支援従事者研修について

相談支援従事者研修とは

 相談支援従事者研修には、相談支援事業所に勤務する相談支援専門員になろうとする方が受講する「初任者研修」と、初任者研修修了後5年ごとに受講する「現任研修」、人材育成や困難事例への対応など地域の中核的な役割を担う相談支援専門員が受講する「主任研修」の3種類があります。

研修体系図

 なお、相談支援専門員として配置するためには、相談支援従事者研修の修了のほか、実務経験が必要です。配置に必要な実務経験については、相談支援事業所等の指定権者(市町村又は県)に御確認ください

 

相談支援専門員の更新制度について

 相談支援専門員の資格は、5年ごとの更新制度となっています。資格を継続するためには、初任者研修修了後、5年ごとに現任研修を修了する必要があります。現任研修の受講期限は、初任者研修の修了年度により異なりますので、次のファイルを御確認ください。

 

初任者研修

 初任者研修は、県が指定した事業者が研修を実施しています。

○ 県が指定した事業者の名称は、以下のとおりです。

事業者の名称   社会福祉法人愛知県社会福祉協議会

○ 研修の開催日程や申込方法等、研修の詳細につきましては、事業者に直接御確認ください。

愛知県社会福祉協議会のページ⇒http://www.aichi-fukushi.or.jp/intoro/jinzai/kensyu_keikaku.html

 

現任研修

 現任研修は、県が研修を実施しています。

 令和3年度の現任研修は、終了しました。

 令和4年度の現任研修の開催時期は、未定です。決まりましたら、このページでお知らせします。

 

主任研修

 主任研修は、県が研修を実施しています。

 受講者の募集については、市町村に照会します。事業所からの申込みは受け付けておりません。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)