ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 労働・雇用・資格試験 > 求人・雇用 > 県内大学・短期大学の2021年3月卒業予定者の就職内定率(10月末現在)は68.9%- 2015年度以来5年ぶりに70%を割り込む -

県内大学・短期大学の2021年3月卒業予定者の就職内定率(10月末現在)は68.9%- 2015年度以来5年ぶりに70%を割り込む -

  愛知県では、1994年度から県内大学・短大の学生の就職状況を調査しています。

 この度、2020年度(2021年3月)卒業予定者の2020年10月末現在の就職内定状況をとりまとめました。

 大学・短大計の就職内定率は68.9%(前年同月比で7.6ポイント低下)と、2015年度以来5年ぶりに70%を割り込み、調査開始以降4番目の下げ幅となりました。

 なお、本県では、未内定者への支援として、「ヤング・ジョブ・あいち」においてキャリアコンサルタント等により個別の就職相談や職業紹介を実施しており、また、12月6日(日)に「ええがね愛知のリアルイベント!企業面接会&業界研究会」を開催しますので、就職活動中の方は是非御参加ください。

 ※10月末就職内定率の過去最低値は2010年度(2011年3月卒業予定者)の47.1%
   10月末就職内定率における前年同月比の下げ幅の過去最大値は2009年度の△12.4ポイント

大学・短大卒業予定者 就職内定状況(2020年10月末現在)

  大学・短大計の就職内定率 68.9%(対前年比7.6ポイント低下)

 大学卒業予定者の就職内定率69.6%(対前年比7.6ポイント低下)

 短大卒業予定者の就職内定率 59.6%(対前年比8.2ポイント低下)

 

≪調査方法≫ 

・県内大学・短大の各キャリアセンター等で把握している就職内定者数を集計。
・県内の大学51校及び短大19校のうち、調査協力を得られた大学47校及び短大18校の計65校を調査。

≪調査時期等≫ 

・2020年10月から2021年3月まで毎月末現在の状況を調査。
 (10月末、11月末、12月末、1月末、2月末、3月末の6回)
 ※2019年度は調査業務にかかる大学・短大の負担を軽減するため、調査時期を年6回(10月以降の毎月末)から年2回(10月及び3月)に変更しましたが、新型コロナウイルス感染症の影響による内定者の動向を詳細に把握するため、2020年度は10月以降毎月末の状況を調査します。

・各調査月の翌月末に発表。

【就職内定状況の詳細(対前年度同月比較)】

【就職内定状況の詳細(対前年度同月比較)】

【調査開始以降の就職内定率の推移(大学・短大計)】

【調査開始以降の就職内定率の推移(大学・短大計)】

問合せ

愛知県労働局就業促進課
若年者雇用対策グループ
電話:052-954-6366
E-mail: shugyo@pref.aichi.lg.jp