ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 労働・雇用・資格試験 > 求人・雇用 > 県内大学・短期大学生の2021年3月卒業予定者の就職内定率(11月末現在)は、76.4%~前々年同月比7.2ポイント低下~

県内大学・短期大学生の2021年3月卒業予定者の就職内定率(11月末現在)は、76.4%~前々年同月比7.2ポイント低下~

 愛知県では、1994年度から県内大学・短大における就職内定状況を調査公表しています。

 この度、2020年度(2021年3月)に県内の大学等を卒業する予定の学生の11月末現在の就職内定状況をとりまとめましたのでお知らせします。

 大学・短大計の就職内定率注1は76.4%となり、前々年(2018年)注2同月比で7.2ポイント低下となりました。

※11月末の就職内定率の過去最低値は、2010年度(2011年3月卒業予定者)の55.4%

注1 就職内定率は、就職希望者に占める就職内定者の割合。

注2 2019年度は10月末現在及び3月末現在のみ調査を実施したため2018年度と比較している。

大学・短大卒業予定者 就職内定状況((11月末現在))

   大学・短大計の就職内定率  76.4%(前々年同月比7.2ポイント低下)   

  大学卒業者の就職内定率  76.9%(前々年同月比7.3ポイント低下)   

  短大卒業者の就職内定率  69.6%(前々年同月比6.2ポイント低下)  

 

≪調査方法≫ 

県内大学・短大の各キャリアセンター等で把握している就職内定者数を集計。

県内の大学51校及び短大19校のうち、調査協力を得られた大学47校及び短大18校の計65校を調査。

≪調査時期等≫ 

2020年10月から2021年3月まで毎月末現在の状況を調査。(10月末、11月末、12月末、1月末、2月末、3月末の6回)

※2019年度は調査業務にかかる大学・短大の負担を軽減するため、調査時期を年6回(10月以降の毎月末)から年2回(10月及び3月)に変更しましたが、新型コロナウイルス感染症の影響による内定者の動向を詳細に把握するため、2020年度は10月以降毎月末の状況を調査します。

各調査月の翌月下旬に発表。

【就職内定状況の詳細(対前年度同月比較)】

年比較

【就職内定率の月別推移】

就職内定率の月別推移

【調査開始以降の就職内定率の推移(大学・短大計)】

時系列グラフ

問合せ

愛知県産業労働部労政局就業促進課
若年者雇用対策グループ
電話:052-954-6366
E-mail: shugyo@pref.aichi.lg.jp