ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 行政改革 > 行政改革 > 海陽ヨットハーバーへのネーミングライツの導入について

海陽ヨットハーバーへのネーミングライツの導入について

平成26年2月3日(月曜日)発表

  •  本県では、平成23年12月に策定した『行革大綱に係る重点改革プログラム』において「ネーミングライツの積極的な導入」を掲げ、県が所有する施設へのネーミングライツの導入を進めています。
  •   蒲郡市にある海陽ヨットハーバーのネーミングライツについて、(株)豊田自動織機をネーミングライツパートナー(スポンサー企業)とすることを決定しましたのでお知らせします。
  •   海陽ヨットハーバーのネーミングライツは、昨年9月11日(水)から11月8日(金)までの約2ヶ月間公募を行い、その提案内容の審査を経て、この度、実施に至ったものです。
  •   今回のネーミングライツ料は年間270万円です。パートナーからお支払いいただくネーミングライツ料は、海陽ヨットハーバーの整備や管理運営に役立てていきます。
海陽ヨットハーバーのネーミングライツの導入概要

パートナー

名 称:株式会社豊田自動織機

所在地:刈谷市豊田町2-1

代表者:代表取締役 大西 朗

事業内容:繊維機械、自動車、産業車両等の製造・販売及び

     物流事業等 

愛称

豊田自動織機 海陽ヨットハーバー 

期間

平成26年4月1日から平成29年3月31日まで(3年間)

ネーミングライツ料

年額270万円(消費税及び地方消費税込み)

  •   本県のネーミングライツの導入は歩道橋、森林公園ゴルフ場に続く3例目となりますが、公共マリーナのネーミングライツ導入は、本県が全国で初めての事例です

海陽ヨットハーバーの概要

問合せ

愛知県 総務部 総務課 行政経営企画グループ
担当:伊藤、鈴木
電話:052-954-6077(ダイヤルイン)
E-mail: somubu-somu@pref.aichi.lg.jp

愛知県 建設部 港湾課 経営グループ
担当:安原、川原
電話:052-954-6564(ダイヤルイン)
E-mail: kowan@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)