ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 農林水産業 > 水産業 > 外来魚の移植禁止

外来魚の移植禁止

  • 「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(略称:外来生物法)」及び「愛知県漁業調整規則」では、一部の外来魚について移植を禁止しています。
  • 愛知県漁業調整規則では、外来魚としてライギョを河川又は湖沼(農業用ため池なども含みます)に移植することを禁止しています。
  • 移植とは、卵、稚魚、成魚を生きたまま他の水域へ移動(放流)させることです。
  • ライギョについては肉食性で、在来の魚、エビなどを捕食することから、水産資源を保護するため移植禁止にしています。
  • 外来生物法では、問題を引き起こす海外起源の外来生物を特定外来生物として指定し、その飼養、栽培、保管、運搬、輸入といった取扱いを規制しています。魚類では、オオクチバス、コクチバス、ブルーギル等が指定されています。
  • 外来生物法に関しては環境省に問合せください。