ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水産課 > アイゴを食べて藻場再生!

アイゴを食べて藻場再生!

アイゴを食べて藻場再生!

 近年、全国各地で「磯焼け」と呼ばれる岩礁性藻場の大規模な消失が発生しており、愛知県においても、南知多町や田原市外海側の岩礁に繁茂していたアラメの藻場が著しく減少しています。

アラメ藻場 アラメ藻場

磯焼け 磯焼け

 

磯焼けの原因の一つとして、アイゴという海藻を食べる魚による食害が考えられています。

アイゴ アイゴ

 

 

 

アイゴは、特有の臭みがあること、棘に毒があることなどから、市場価値が低く漁業の対象になっておらず、また、釣りにおいてもリリースされることが多いようですが、食害を抑制し藻場の再生を図るためには、アイゴの魚食普及を進めることが有効な手段の一つであると考えています。

 アイゴは、獲ってすぐ下処理をすれば、大変おいしく食べられる魚です。

 漁獲した、あるいは、釣ったアイゴをリリースしないで、別添のレシピを参考にアイゴを積極的に食べていただき、藻場再生に御協力いただければ幸いです。

アイゴ料理のレシピ

活き作り 活き作り

南蛮漬け 南蛮漬け

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)