ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水産課 > 矢作ダムの堆積砂を使用した干潟・浅場造成事業を行いました。

矢作ダムの堆積砂を使用した干潟・浅場造成事業を行いました。

平成20年9月17日 水曜日

矢作ダムの堆積砂を使用した干潟・浅場造成事業を行いました。

 愛知県では、アサリ等の有用貝類が減少する等により、漁業生産力の低下した漁場を改善するために干潟・浅場造成事業を行っています。干潟・浅場を造成するとアサリ等の有用貝類が増殖し、漁業生産力が向上するばかりでなく、赤潮や貧酸素水塊(青潮;水産生物に悪影響を及ぼす)の原因となる海水中の有機物等を除去し、水質浄化能力も大きいことが知られています。

 水産課と国土交通省中部地方整備局矢作ダム管理所は協力して、矢作ダムの堆積砂を利用した干潟・浅場造成事業を行いましたので紹介します。

 矢作ダムでは、建設後30年以上経過し、堆積砂が問題となっています。この堆積砂を有効利用し、生産量日本一を誇る愛知県のアサリの資源増加だけでなく、三河湾の水質改善にも役立つように干潟・浅場造成事業を行いました。

 なお、今年度から2か年の計画で、造成場所において水産試験場が底生生物等の調査を実施します。

 

1 事業名

  平成20年度 西尾地区干潟・浅場造成事業

2 事業費

  

  6,562,500円

3 事業量

  

  矢作ダム堆積砂:3,000立方メートル

  造成面積:2,500平方メートル

4 造成場所

工事位置図

造成工事位置図

5 造成工事期間

  平成20年6月10日から8月29日まで

6 工事状況

グラブ浚渫船

グラブ浚渫船

ダム砂投入

ダム砂投入