ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水産課 > 「豊橋うなぎ」が地域団体商標として登録されました

「豊橋うなぎ」が地域団体商標として登録されました

地域ブランド「豊橋うなぎ」

豊橋市の豊橋養鰻漁業協同組合は、豊橋市及び田原市の養鰻業者により組織されています。

この地区では古くから養鰻業(ようまんぎょう)が盛んで、愛知県のうなぎ養殖も、明治29年に豊橋で始まったと言われています。

同組合では、豊橋のうなぎをもっと消費者の皆さんにPRしていきたいと、地域ブランド(地域団体商標)の登録に向けて手続きを進めており、県も申請手続き等で支援を行ってきました。

その念願が叶い、平成24年12月28日付けで「豊橋うなぎ」として特許庁に商標登録されました。

豊橋うなぎ

豊橋うなぎ

地域団体商標とは

地域産業の競争力の強化と地域経済の活性化を目的に、特許庁が平成18年4月1日にスタートさせた制度です。

地域名及び商品(又は役務)名を組み合わせた名称について、一定の範囲で周知されていると認められれば、事業者団体が商標として登録することができる制度です。

愛知県では14件の登録がありますが、水産物では、平成19年11月に登録された「一色産うなぎ」に次いで2件目です。

また、うなぎに関する登録は、全国でも「一色産うなぎ」「豊橋うなぎ」の2件しかありません。

(数字はいずれも平成25年1月末現在)

豊橋養鰻漁協の知事訪問

平成25年2月4日に、豊橋養鰻漁業協同組合の代表者が、地域ブランド「豊橋うなぎ」登録の報告のために知事を訪問されました。

特許庁から交付された「豊橋うなぎ」の登録証が披露され、知事に豊橋うなぎの加工品が贈呈されました。

養鰻業を取り巻く状況は非常に厳しいものがありますが、組合の方々は「伝統的な食文化であるうなぎ養殖を絶やしてはならない」と決意を新たにしていました。

大村知事と豊橋養鰻漁協関係者

大村知事と豊橋養鰻漁協関係者

問合せ

愛知県 農林水産部 水産課

E-mail: suisan@pref.aichi.lg.jp