ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 農林水産業 > 水産業 > 金魚の新しい品種を開発しました

金魚の新しい品種を開発しました

金魚の新しい品種を開発しました

 観賞魚養殖グループでは、金魚養殖業の振興のため、公的研究機関としてはめずらしい、金魚の品種開発に取り組んでおります。

 過去には、赤い眼をしたキンギョとして、2007年にアルビノリュウキン、2008年にアルビノランチュウ、2013年にアルビノチョウテンガンの開発を行いました。

 そしてこの度、新品種開発の第4弾として「サクラチョウテンガン」を開発しました。

サクラチョウテンガン_正面 サクラチョウテンガン

サクラチョウテンガンってどんな金魚?

 2015年より開発に着手し、上を向いた目が特徴の「チョウテンガン」と、きらきらと輝くサクラ模様が特徴の弥富生まれの「サクラニシキ」との交配を行いました。両品種の特徴を併せ持ち、尾びれを振りながら可愛らしく泳ぐ姿が印象的な品種です。 

掛け合わせ