ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水質試験所 > 水質基準について

水質基準について

水質基準項目(51項目)

水道法で基準に適合することを義務付けられている項目です。
健康に関する項目
No.項目名基準値項目の説明
1一般細菌1mlの検水で形成される集落数が100以下であること特定の細菌グループを示すものではなく、塩素消毒の効果を確認します。
2大腸菌検出されないこと糞便による汚染指標となります。塩素消毒が完全であれば検出されません。
3カドミウム及びその化合物カドミウムの量に関して、0.003mg/l以下自然界にごく微量存在し、イタイイタイ病の原因とされています。
4水銀及びその化合物水銀の量に関して、
0.0005mg/l以下
温度計、水銀灯など幅広く使用されています。メチル水銀は水俣病の原因とされています。
5セレン及びその化合物セレンの量に関して、
0.01mg/l以下
金属セレンの毒性は少ないですが、化合物には猛毒のものが多いです。
6鉛及びその化合物鉛の量に関して、
0.01mg/l以下
古くから水道管として使用されていますが、近年溶出が問題視されています。
7ヒ素及びその化合物ヒ素の量に関して、
0.01mg/l以下
地質由来の汚染、農薬の混入等による汚染があります。
8六価クロム化合物六価クロムの量に関して、0.02mg/l以下自然にはほとんど存在せず、メッキ排水に多く含まれています。
9亜硝酸態窒素0.04mg/l以下窒素化合物が酸化される際の中間生成物で、副腎への障害が認められています。
10シアン化物イオン及び塩化シアンシアンの量に関して、
0.01mg/l以下
工場排水に含まれることがあり、強い毒性があります。
11硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素10mg/l以下硝酸態窒素を多く含む水を摂取すると、体内で亜硝酸態窒素に変わり呼吸酸素の働きを阻害します。
12フッ素及びその化合物フッ素の量に関して、
0.8mg/l以下
適量の場合虫歯の予防になりますが、多いと斑状歯の原因となります。
13ホウ素及びその化合物ホウ素の量に関して、
1.0mg/l以下
自然水中に含まれることはまれであり、海水中に多く含まれています。
14四塩化炭素0.002mg/l以下フロンの原料、金属の洗浄剤として使用されています。
151,4-ジオキサン0.05mg/l以下洗剤などの製品中に不純物として含まれます。
16シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン0.04mg/l以下いずれの項目も塩素を含む有機化合物で空中に揮発しやすく、地下水を汚染することがあります。
17ジクロロメタン0.02mg/l以下
18テトラクロロエチレン0.01mg/l以下
19トリクロロエチレン0.01mg/l以下
20ベンゼン0.01mg/l以下溶剤、燃料などに含まれています。
21塩素酸0.6mg/l以下消毒剤に含まれ時間経過とともに変化する消毒副生成物です。
22クロロ酢酸0.02mg/l以下いずれの項目も浄水処理過程において、水道原水中の有機物と消毒剤(塩素)とが反応して生成される消毒副生成物です。
23クロロホルム0.06mg/l以下
24ジクロロ酢酸0.03mg/l以下
25ジブロモクロロメタン0.1mg/l以下
26臭素酸0.01mg/l以下消毒剤である次亜塩素酸ナトリウムに含まれています。
27総トリハロメタン0.1mg/l以下いずれの項目も浄水処理過程において、水道原水中の有機物と消毒剤(塩素)とが反応して生成される消毒副生成物です。
28トリクロロ酢酸0.03mg/l以下
29ブロモジクロロメタン0.03mg/l以下
30ブロモホルム0.09mg/l以下
31ホルムアルデヒド0.08mg/l以下
性状に関する項目
No.項目名基準値項目の説明
32亜鉛及びその化合物亜鉛の量に関して1.0mg/l以下給水管などの亜鉛引き鋼管から溶出することがあります。
33アルミニウム及びその化合物アルミニウムの量に関して、0.2mg/l以下水処理薬品(凝集剤)の主成分として使われています。
34鉄及びその化合物鉄の量に関して、0.3mg/l以下地球上で4番目に多い元素ですが、多くなると赤水の原因となります。
35銅及びその化合物銅の量に関して、1.0mg/l以下一部の生物には毒性がありますが、多くなると水が青く着色します。
36ナトリウム及びその化合物ナトリウムの量に関して、200mg/l以下水処理薬品(消毒剤、pH調整剤)の成分として含まれています。
37マンガン及びその化合物マンガンの量に関して、0.05mg/l以下地殻中に広く分布していて、多くなると黒水の原因となります。
38塩化物イオン200mg/l以下地質由来あるいは下水系排水の混入で上昇します。
39カルシウム、マグネシウム等(硬度)300mg/l以下硬水・軟水の区別、味に関連する項目とされています。
40蒸発残留物500mg/l以下水を蒸発乾固したときに残る物質で、味に関連する項目とされています。
41陰イオン界面活性剤0.2mg/l以下合成洗剤の有効成分で、水溶液中で電離して主体が陰イオンになるものです。
42ジェオスミン0.00001mg/l以下ともにカビ臭の原因物質です。特定の藻類により産生されることが多いです。
432-メチルイソボルネオール0.00001mg/l以下
44非イオン界面活性剤0.02mg/l以下合成洗剤の有効成分で、水溶液中でもイオンに解離する基を持たないものです。
45フェノール類フェノールの量に換算して0.005mg/l以下天然には存在せず、工場排水に含まれ、塩素と反応して著しい異臭味が発生します。
46有機物(全有機炭素(TOC)の量)3mg/l以下原水の有機物汚濁の指標、浄水処理過程での水の処理性評価に利用できます。
47pH値5.8以上8.6以下水の酸性・アルカリ性の基準となります。管の腐食に関係します。
48異常でないこと水に溶存する物質の種類・濃度により異なり、異常な味は不快感を与え飲用に適しません。
49臭気異常でないこと水に溶存する物質の種類・濃度により異なり、異常な臭気は不快感を与え飲用に適しません。
50色度5度以下配管等からの鉄の溶出で高くなることがあります。
51濁度2度以下濁りは給・配水施設や管の異常を示します。

水質管理目標設定項目(27項目)

水道水の管理上、留意すべきものとして定められた項目です。
水質管理目標設定項目
No.項目名目標値項目の説明
1 アンチモン及びその化合物 アンチモンの量に関して、0.02mg/L以下鉱山排水・工場排水により汚染される恐れがあるとされています。
2 ウラン及びその化合物 ウランの量に関して、0.002mg/L以下(暫定)土壌由来で汚染される恐れがあるとされています。
3 ニッケル及びその化合物 ニッケルの量に関して、0.02mg/L土壌由来・鉱山排水・工場排水により汚染される恐れがあるとされています。
5 1,2-ジクロロエタン 0.004mg/L以下金属の脱脂などに使用され、大気に放出されて水道原水の汚染の恐れは小さいとされています。
8 トルエン 0.4mg/L以下シンナーなどに使用され、大気に放出されて水道原水の汚染の恐れは小さいとされています。
9 フタル酸ジ(2-エチルヘキシル) 0.08mg/L以下プラスチックの可塑剤として使用され、工場排水により汚染される恐れがあるとされています。
10 亜塩素酸 0.6mg/L以下消毒剤として二酸化塩素を使用していないため検査しません。
12 二酸化塩素 0.6mg/L以下
13 ジクロロアセトニトリル 0.01mg/L以下(暫定)水処理過程で生成する消毒副生成物です。
14 抱水クロラール 0.02mg/L以下(暫定)
15 農薬類 検出値と目標値の比の和として、1以下120項目が指定されています。
16 残留塩素 1mg/L以下臭いの観点から上限が設定されています。
17 カルシウム、マグネシウム等(硬度) 10mg/L以上100mg/L以下おいしい水の観点から設定されています。
18 マンガン及びその化合物 マンガンの量に関して、0.01mg/L以下着色の観点から設定されています。
19 遊離炭酸 20mg/L以下おいしい水の観点から設定されています。
20 1,1,1-トリクロロエタン 0.3mg/L以下臭いの観点から設定されています。
21 メチル-t-ブチルエーテル 0.02mg/L以下臭いの観点から設定されています。
22 有機物等(過マンガン酸カリウム消費量) 3mg/L以下おいしい水の観点から設定されています。
23 臭気強度(TON) 3以下臭いが感じられる限界まで検水を希釈した時の希釈率で表します。
24 蒸発残留物 30mg/L以上200mg/L以下おいしい水の観点から設定されています。
25 濁度 1度以下着色の観点から設定されています。
26 pH値 7.5程度腐食性の観点から設定されています。
27 腐食性(ランゲリア指数) -1程度以上とし、極力0に近づける腐食性の観点から設定されています。
28 従属栄養細菌 1mlの検水で形成される集落数が2,000以下(暫定)水処理による微生物除去や消毒効果の判定指標となります。
29 1,1-ジクロロエチレン 0.1mg/L以下家庭用ラップの原料などに使用されています。
30 アルミニウム及びその化合物 アルミニウムの量に関して、0.1mg/L以下着色の観点から設定されています。
31 ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)及びペルフルオロオクタン酸(PFOA) ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)及びペルフルオロオクタン酸(PFOA)の量の和として0.00005mg/L以下(暫定)様々な表面処理に使用され、工場排水により汚染される恐れがあるとされています。

問合せ

愛知県 水質試験所

電話: 0561-38-8677

E-mail: suishitsushiken@pref.aichi.lg.jp