ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 生涯学習課 > 【募集終了】令和2年度愛知県子供読書活動推進大会(高校生ビブリオバトル愛知県大会2020)の観覧者を募集します!(2020年10月8日に定員に達したため、募集を終了しました。)

【募集終了】令和2年度愛知県子供読書活動推進大会(高校生ビブリオバトル愛知県大会2020)の観覧者を募集します!(2020年10月8日に定員に達したため、募集を終了しました。)

【募集終了】令和2年度愛知県子供読書活動推進大会(高校生ビブリオバトル愛知県大会2020)の観覧者を募集します!(2020年10月8日に定員に達したため、募集を終了しました。)

 愛知県教育委員会では、地域や学校等で子供読書推進活動の核となる人材の育成とネットワーク化を図るため、2007年度から愛知県子供読書活動推進大会を開催しています。

 本年度は、史上最年少で小説すばる新人賞を受賞した小説家 青羽 悠(あおば ゆう)氏をお招きして、「子供の視点に立った本の薦め方」をテーマに「何故、僕らは本を読むのか」と題して講演会を開催します。

 また、この大会の中で、読書の魅力を互いに伝え合う活動を通して、自ら進んで読書に親しむ高校生を育むための、「高校生ビブリオバトル愛知県大会2020」を行います。

 ついては、大会において、ビブリオバトルを観戦して投票を行い、講演を聞く、観覧者を募集しますので、是非お申込みください。

1 日時

2020年11月1日(日曜日) 午後1時から午後4時30分まで(受付:午後0時30分開始)

2 会場

愛知芸術文化センター愛知県図書館 大会議室(5階)
 名古屋市中区三の丸1-9-3  TEL 052-212-2323

3 対象

 学校・図書館関係者、読み聞かせ活動グループ等の関係者、市町村教育委員会担当職員、子供の読書活動に関心のある方等どなたでも申込みできます。

4 定員

70名(申込先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。)

5 日程

日程
時間内容説明
12時30分~受付 
13時00分~開会行事開会式、ビブリオバトルのルール説明等
13時20分~ビブリオバトル高校生ビブリオバトル愛知県大会2020
14時40分~講演会演題  「何故、僕らは本を読むのか」
講師 青羽 悠(あおば ゆう)氏
    (小説家、京都大学在学)
16時10分~閉会行事ビブリオバトル表彰式等(16時30分終了)
16時30分~特別プログラム愛知県図書館探検ツアー(希望者のみ。要申込み)

※ 日程は変更又は中止になる場合があります。その場合、このWebページでお知らせします。

6 講師プロフィール

青羽 悠(あおば ゆう)氏青羽 悠(あおば ゆう)氏

小説家 岩倉市出身 京都大学総合人間学部在学

 高校在学中の2016年、初めて書いた小説「星に願いを、そして手を。」で、小説すばる新人賞を史上最年少の16歳で受賞した。

 2020年7月9日に、自身2作目となる長編小説「凪に溺れる」を上梓した。

7 申込方法

下記の観覧者申込書により、愛知県教育委員会生涯学習課へFAX又はメールでお申込みください。

 令和2年度愛知県子供読書活動推進大会(高校生ビブリオバトル愛知県大会2020)ちらし [PDFファイル/4.24MB]

 令和2年度愛知県子供読書活動推進大会(高校生ビブリオバトル愛知県大会2020)観覧者申込書 [Wordファイル/83KB]

  FAX 052-954-6962

  メール syogaigakushu@pref.aichi.lg.jp

※ 2020年10月8日に定員に達したため募集を終了しました。

8 主催

愛知県教育委員会、愛知県子供読書活動推進協議会

9 協力

愛知芸術文化センター愛知県図書館、活字文化推進会議

10 その他

(1) 発表者(ビブリオバトルの本の紹介者)は、県内の国公私立高等学校を通じて募集しています。(9月末締切り)

(2) ビブリオバトルの結果は、大会当日の午後7時頃に発表します。

(3) 高校生ビブリオバトル愛知県大会の優勝者が県代表として招待される「全国高等学校ビブリオバトル決勝大会(主催:活字文化推進会議)」は、本年度、中止が決定しています。

(4) 参加に当たっては、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用及び手指消毒に御協力をお願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)