ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > パスポート・国際化 > 多文化共生 > 多文化共生コミュニティ支援事業について

多文化共生コミュニティ支援事業について

多文化共生コミュニティ支援事業

 平成23年度、本県では、在住外国人の拠り所であり、日本人との交流の窓口ともなっている県内各地の外国人自助組織を対象に、その自立的な活動を促進することを目的として、「多文化共生コミュニティ支援事業」を実施しました。

 その実施状況について、ご紹介します。

支援対象外国人自助組織プロフィール(8団体)

本事業において支援対象とした外国人自助組織8団体を紹介します。

◇APEAA(愛知ペルー文化交流協会):ペルー

スポーツイベントやペルーの伝統的な料理教室、パーティなどを開催

◇Illariy del Peru(イヤリー・デル・ペルー):ペルー

豊橋市を拠点に、地域の祭りなどでペルーの伝統舞踊を披露

◇華豊の友:中国

民族舞踊やコンサートなどの文化交流やボランティア活動を実施

◇Centro Educacional Happy Family(セントロ・エデュケーショナル・ハッピー・ファミリー):ブラジル

在住外国人のための託児所の運営や動物愛護活動を実施

◇多文化のまちづくり:多国籍

外国人の子ども向けの教育進学セミナーなどを開催

◇名古屋アフリカ移住者センター:アフリカ

アフリカからの移住者に対するサポートや、ダンスや料理などの文化紹介を実施

◇保見ヶ丘ブラジル人協会:ブラジル

豊田市を拠点に、サンバやカポエイラなどの紹介や、大人向けの日本語教室を開催

◇United Filipino Community in Higashiura(ユナイテッド・フィリピーノ・コミュニティ・イン・ヒガシウラ):フィリピン

地域の祭りでの文化紹介や問題を抱えるフィリピン人のサポート

外国人コミュニティフェア2012

本事業の一環として、支援対象とした外国人自助組織8団体が、ブース出展やダンスパフォーマンス等を通じて、自身の活動や各国の文化を紹介する「外国人コミュニティフェア2012」を開催し、多くの皆様にご来場いただきました。

日時:平成24年2月26日(日曜日)11時00分~17時30分

会場:ナディアパーク2階 アトリウム

外国人コミュニティフェア2012

外国人自助組織の紹介

会場の様子

ブース出展(保見ヶ丘ブラジル人協会)

ブース出展(名古屋アフリカ移住者センター)

ダンスパフォーマンス(イヤリー・デル・ペルー)

ダンスパフォーマンス(華豊の友)

企画から運営まで各団体とスタッフが力を合わせました

 

 

みんなでつくる多文化あいち

本事業の一環として、支援対象とした外国人自助組織の活動を紹介する冊子「みんなでつくる多文化あいち」を作成しました。

在住外国人NPO紹介ブック
みんなでつくる多文化あいち

みんなでつくる多文化あいち

事業報告書

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)