ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 社会活動推進課多文化共生推進室 > 平成30年度「外国人児童生徒等による多文化共生日本語スピーチコンテスト」の結果について

平成30年度「外国人児童生徒等による多文化共生日本語スピーチコンテスト」の結果について

平成30年度「外国人児童生徒等による多文化共生日本語スピーチコンテスト」の結果について

平成30年8月25日(土曜日)に開催しました、平成30年度「外国人児童生徒等による多文化共生日本語スピーチコンテスト」の結果は次のとおりです。

1 日時

平成30年8月25日(土曜日) 午後1時30分から午後4時40分まで

2 場所

愛知県図書館 大会議室

3 結果

小学生の部 結果 (本選出場者:10名)
学校・団体名学年氏名題名母語
最優秀賞東浦町立石浜西小学校6年カナバル ジャレペルーから、日本へスペイン語
優秀賞岩倉市立岩倉東小学校6年髙木 摩耶「大丈夫だよ。」タガログ語
特別賞刈谷市立朝日小学校4年山本 さゆみ私の家族は世界地図スペイン語・ポルトガル語
奨励賞半田市立横川小学校5年藤本 メリッサ アユミ前を向いて、私のこれからポルトガル語
奨励賞知立市立知立東小学校4年マツザキ ユキエみんなちがう それがあたりまえポルトガル語
奨励賞西尾市立八ツ面小学校6年坂井 未奈友達ができたことベトナム語
奨励賞らくらく日本語教室5年趙 熙顔将来の夢中国語
奨励賞刈谷市立朝日小学校6年ニケヤ トリシュ バヤ友達と日本語ビサヤ語
奨励賞知立市立知立東小学校5年ニシカワ エロイザやっと通じた言葉ポルトガル語
奨励賞知多市立岡田小学校5年山本 ヒフメ  アカネスペイン語で友達をおうえんスペイン語

 ※奨励賞は発表順に記載しています。

小学生の部 最優秀賞 カナバル ジャレ くん

<写真>小学生の部 最優秀賞 カナバル ジャレくん


中学生の部 結果 (本選出場者:5名)
学校名学年氏名題名母語
最優秀賞知多市立知多中学校3年大橋 タイス 思うことスペイン語
優秀賞西尾市立西尾中学校2年プトリ ナオミ私のルーツと夢インドネシア語
特別賞春日井市立知多中学校1年KHATRI SUBEKSHYA私の両親と日本の生活ネパール語
奨励賞知多市立知多中学校2年バルダレス アキミ捨て猫を助けてスペイン語
奨励賞豊橋市立石巻中学校2年川畑 カオリ自分以上ポルトガル語

※奨励賞は発表順に記載しています。

中学生の部 最優秀賞 大橋 タイスさん

<写真>中学生の部 最優秀賞 大橋 タイス さん

集合写真

                                <写真>集合写真

【参考】「外国人児童生徒等による多文化共生日本語スピーチコンテスト」の概要

■参加者

 愛知県内に在学又は在住等する者のうち、次の(1)及び(2)を満たす者。
 (1) 母語※が日本語以外の者。  ※個人が最初に接触、あるいは習得する言語
 (2) 小学4年生から中学3年生までに在籍するか、又は学校に通っていない2003年4月2日~2009年4月1日に生まれた者)

■応募件数

応募者数:81名(小学生53名、中学生28名)

■審査方法

(1) 第一次審査
   審査員がスピーチ原稿により審査し、コンテスト本選の出場者15名(小学生10名、中学生5名)を選考しました。
(2) コンテスト本選における審査
   審査員が出場者のスピーチを聞いて審査し、最優秀賞等を選考しました。

■審査内容

審査内容
 第一次審査・本選共通本選のみ
日本語能力語句、表現、文法発音、抑揚
論旨・論調構成、意欲、具体性態度