ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > パスポート・国際化 > 多文化共生 > 「あいち多文化共生推進プラン2022」 年次レポートを作成しました

「あいち多文化共生推進プラン2022」 年次レポートを作成しました

「あいち多文化共生推進プラン2022」年次レポートを作成しました

 愛知県では、2018年3月に策定した「あいち多文化共生推進プラン2022」に基づき、様々な取組を推進しています。

この度、本県の取組をPRし、全国に広めていくため、「あいち多文化共生推進プラン2022」年次レポートを作成しました。

多くの皆様に資料として御活用いただけましたら幸いです。

<年次レポートの構成>

1 プランの概要・重点施策について

2 特集・事例紹介

2018年度から毎年度、実施した重点施策や新規事業について取り上げます。本県の取組をPRする資料として活用できるよう、項目ごとに分割して作成しています。

3 重点施策と数値目標の評価

プランの重点施策の取組状況に関する評価について、進捗状況や課題、第三者会議で出された意見などをまとめています。

4 具体的施策の取組状況

プランに明記されている170の施策について、取組状況を一覧にしてまとめています。

 

令和元年度あいち多文化共生推進会議について

「あいち多文化共生推進プラン2022」では、プランに掲げる施策が着実に実施されているかを第三者によって評価を受け、実施状況を毎年度公表することとしています。2019年7月22日(月曜日)に「令和元年度あいち多文化共生推進会議」を開催し、プランの各施策の中でも特に重要な11の重点施策について委員から評価を受けました。

 

令和元年度あいち多文化共生推進会議委員
氏名役職
 池上 重弘公立大学法人静岡文化芸術大学副学長
  伊東 浄江 特定非営利活動法人トルシーダ代表
 イレリカ・アビ 学校法人イーエーエス伯人学校勤務
土井 佳彦特定非営利活動法人多文化共生リソースセンター東海代表理事

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)