ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 都市整備課 > 都市再生整備計画事業

都市再生整備計画事業

都市再生整備計画事業とは

 都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)は、市町村が地域の歴史・文化・自然環境等の特徴を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、都市の再生を効率的に推進することにより、住民生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目的としています。
 平成16年度にスタートしたこの制度は、市町村が、自主的に都市再生整備計画を作成し、まちの課題に応じ、まちづくりの目標等を定めて、ハード・ソフトの様々な事業を複合的に組み合わせて集中的に実施することができることから、多くの市町村で活用されています。
 県としても、創意工夫を活かしたまちづくりの推進を図るため、市町村と連携を強化しつつ、この事業の有効な活用を図っていくこととしています。

都市再生整備計画事業の実施予定

令和2年度の実施予定は、次のとおりです。

 

令和2年度実施予定(名古屋市分を除く)
区分計画数主な事業内容
都市再生整備計画事業28地区(18市)中心拠点施設(図書館、市民病院)、地域生活基盤施設(人工地盤等)、公園、道路等

(注)各計画とも複数の事業を実施しています。