ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 統計課 > 労働力調査にご理解を!

労働力調査にご理解を!

 

● 調査の概要

 労働力調査は、我が国に住んでいる人の就業・不就業の実態を明らかにし、国の経済政策や雇用・失業対策などの基礎資料を得ることを目的として、昭和21年9月に開始して以来、毎月行っている調査です。

 全国から選ばれた、約4万世帯、愛知県では約2400世帯を調査世帯として、各世帯2年間にわたり各年2か月調査する仕組みになっています。

 調査にあたりましては、統計調査員がお宅にお伺いしますので、調査票の記入にご理解くださるようお願いします。

● 調査日(調査期間)

 毎月末日現在(ただし、12月は26日)で行います。

 また、仕事をしているかどうかなど就業・不就業の状態については、月末1週間(12月は20日~26日)でとらえます。

● 調査の対象

 全国から選ばれた約4万世帯に居住する世帯員約11万人が調査対象です。

 なお、調査事項のうち、就業状態などについては、15歳以上の人についてのみ調査します。

● 調査事項

  1 世帯に関する事項

  ・世帯員の数

 ・世帯員の異動状況

 2 世帯員に関する事項(15歳以上)

 ・就業状態、1週間の就業時間、従業上の地位、

 ・所属の名称及び事業の種類、仕事の種類、前職、教育の状況、収入

● 調査方法

 調査員が調査世帯ごとに調査票を配布及び回収します。

● 統計調査員

 労働力調査の調査員は、愛知県知事が任命する非常勤の特別職地方公務員です。
 調査員は調査活動中は統計調査員証を携帯しています。
 統計調査員証には、調査員の顔写真が貼付され、従事する統計調査名、氏名、任命期間、発行日及び愛知県知事名を明記し、愛知県知事の公印が押されています。
 愛知県が行う労働力調査の正規の統計調査員であることは、統計調査員証の記載内容でご確認ください。

● 結果の公表

■ 調査の結果は、国において調査月の翌月末に公表されます。

■ 愛知県分については、3か月平均の結果を、5月・8月・11月・2月に、また、年平均の結果を2月に公表します。

● 結果の利用

  • 雇用問題、失業問題などの諸施策立案のための基礎資料
  • 労働力人口、産業別就業者、完全失業者の毎月の動向を把握するための資料
 

問合せ

愛知県 県民文化部 統計課
労働力統計グループ
電話052-954-6100(ダイヤルイン)
E-mail: toukei@pref.aichi.lg.jp