ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 統計課 > 質問5 愛知県内における「在留外国人」の状況は?

質問5 愛知県内における「在留外国人」の状況は?

 

質問5 愛知県内における「在留外国人」の状況はどうなっていますか。

答え 平成28年末現在の愛知県の「在留外国人」の数は22万4424人で、愛知県の人口の2.99%を占めています。

  「在留外国人統計 2016年版」によると、平成28年末現在、国内の在留外国人数は238万2822人で、前年末に比べ15万633人(6.7%)増加し、我が国総人口(1億2693万人)の1.88%を占めています。
   都道府県別では、東京都が50万874人(東京都人口の3.68%)と最も多く、次いで愛知県が22万4424人(愛知県人口の2.99%)、大阪府が21万7656人(大阪府人口の2.46%)の順となっています。
 在留外国人の国籍別割合では、愛知県内にはブラジル、中国、フィリピンなどの国籍の人が多く、特にブラジルは在留外国人全体の22.8%(全国7.6%)で、全国平均に比べ極めて高くなっています。

 (注)平成24年に外国人在留管理制度が改正され、対象範囲が異なることとなったため、従来の統計と単純に比較できませんので、御注意ください。

グラフ

   

〔資料:法務省「在留外国人統計 2016年版」〕
 
   ・愛知県統計課のトップページへ http://www.pref.aichi.jp/toukei/
   ・一問一答 知ってる?あいちのトップページへ https://www.pref.aichi.jp/soshiki/toukei/0000078203.html

問合せ

愛知県  統計課
電話052-954-6108(ダイヤルイン)
E-mail: toukei@pref.aichi.lg.jp