ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 統計課 > 愛知県の就業状況(2020年平均)

愛知県の就業状況(2020年平均)

あいちの就業状況

-労働力調査地方集計結果-2020年平均
2021年2月26日(金曜日)公表

(過去 のデータは、年報周期調査結果(労働・賃金)にて御確認ください。)

結果の要点

〇 労働力人口
    労働力人口    425万4千人 前年に比べ2万7千人(0.6%)増加
    労働力人口比率 64.8%          前年に比べ0.3ポイント上昇

〇 就業者
    就業者数      414万7千人 前年に比べ2千人(0.0%)減少
               男性1千人(0.0%)増加、女性4千人(0.2%)減少

〇 完全失業者
    完全失業者数   10万7千人  前年に比べ2万8千人(35.4%)増加
    完全失業率     2.5%       前年に比べ0.6ポイント上昇

〇 非労働力人口
    非労働力人口   230万4千人  前年に比べ1万3千人(0.6%)減少

 

                 就業者数対前年増減数及び完全失業率の推移就業者数対前年増減数及び完全失業率の推移のグラフ

公表資料

PDFファイルでデータがダウンロードできます。

参考表

Excelファイルでデータがダウンロードできます。

     愛知県、東海及び全国の完全失業率

統計表

Excelファイルでデータがダウンロードできます。

用語の解説

用語の解説 ・・・・・ 利用上の注意や用語の意味がわかります。

用語の解説はPDFファイルでも御覧いただけます。

結果の概要

労働力人口

15歳以上人口は656万6千人で、前年に比べ1万6千人(0.2%)増加した。

労働力人口は425万4千人で、前年に比べ2万7千人(0.6%)増加した。

男女別にみると、男性は243万8千人、女性は181万6千人で、前年に比べ男性は1万6千人(0.7%)、女性は1万人(0.6%)それぞれ増加した。(表1、図1)                

                   表1 労働力人口の推移
表1労働力人口の推移

              図1 労働力人口増減数の推移(対前年)
図1対前年労働力人口増減数の推移

労働力人口比率

労働力人口比率は64.8%で、前年に比べ0.3ポイント上昇した。

男女別にみると、男性は74.5%、女性は55.1%で、前年に比べ男性は0.3ポイント、女性は0.1ポイントそれぞれ上昇した。(表2)
 

            表2 労働力人口比率の推移
表2労働力人口比率の推移
 

年齢階級別にみると、男性は35~44歳が最も高く、以下45~54歳、25~34歳、55~64歳、15~24歳、65歳以上の順となった。女性は45~54歳が最も高く、以下25~34歳、35~44歳、55~64歳、15~24歳、65歳以上の順となった。(図2)


               図2 年齢階級別労働力人口比率(2020年)図2 2020年の年齢階級別労働力人口比率

                                                                        

就業者

就業者数は414万7千人で、前年に比べ2千人(0.0%)減少した。

男女別にみると、男性は237万4千人、女性は177万2千人で、前年に比べ男性は1千人(0.0%)増加したが、女性は4千人(0.2%)減少した。(表3、図3)


                  表3 就業者数の推移
表3就業者数の推移


                図3 就業者増減数の推移(対前年)
図3対前年就業者増減数の推移
 

従業上の地位別にみると、自営業主は27万6千人、家族従業者は6万6千人、雇用者は377万8千人で、前年に比べ自営業主は4千人(1.5%)増加し、家族従業者は6千人(8.3%)減少し、雇用者は1万4千人(0.4%)増加した。(表4)


                    表4 従業上の地位別就業者数の推移
表4従業上の地位別就業者数の推移 

 

会社・団体等の役員を除く雇用者を雇用形態別にみると、正規の職員・従業員は224万4千人で、前年に比べて3万7千人(1.7%)増加し、非正規の職員・従業員は131万8千人で、前年に比べて3万5千人(2.6%)減少した。

男女別にみると、正規の職員・従業員は、男性が1万2千人(0.8%)、女性が2万5千人(3.9%)それぞれ増加した。一方、非正規の職員・従業員は、男性が1万9千人(4.4%)女性は1万6千人(1.7%)それぞれ減少した。

会社・団体等の役員を除く雇用者に占める非正規の職員・従業員の割合は37.0%で、男女別にみると、男性は20.9%、女性は57.3%となった。(表5、図4)


                    表5 雇用形態別の役員を除く雇用者数の推移
表5 雇用形態別の役員を除く雇用者数の推移

 

              図4 雇用形態別の役員を除く雇用者数の割合(2020年)
図4 2020年の雇用形態別の役員を除く雇用者数の推移

産業別就業者

産業別でみると、前年に比べ増加した主な産業は、「サービス業(他に分類されないもの)」が2万8千人(11.5%)、「医療、福祉」が2万3千人(5.4%)、「運輸業、郵便業」が1万4千人(6.5%)となった。

前年に比べ減少した主な産業は、「卸売業、小売業」が1万人(1.5%)、「宿泊業、飲食サービス業」が8千人(3.3%)、「生活関連サービス業,娯楽業」が5千人(3.7%)となった。

主な産業別就業者数の構成比は、「製造業」(24.4%)、「卸売業、小売業」(15.5%)、「医療、福祉」(10.8%)となった。(表6、図5、図6) 

 

                          表6 主な産業別就業者数
表6主な産業別就業者数

                   図5 主な産業別就業者増減数(対前年)
図5対前年主な産業別就業者増減数

                    図6 おもな産業別就業者の構成比(2020年)
図6主な産業別就業者数の構成比

完全失業者

完全失業者数は10万7千人で、前年に比べ2万8千人(35.4%)増加した。

男女別にみると、男性は6万3千人、女性は4万4千人で、前年に比べ男性は1万4千人(28.6%)、女性は1万4千人(46.7%)それぞれ増加した。(表7)

                 表7 完全失業者数の推移
表7完全失業者数の推移

完全失業率

完全失業率は2.5%で、前年に比べ0.6ポイント上昇した。

男女別にみると、男性は2.6%、女性は2.4%で、前年に比べ男性は0.6ポイント、女性は0.7ポイントそれぞれ上昇した。(図7)


                    図7 完全失業率の推移(対前年)

図7対前年完全失業率の推移

完全失業率を年齢階級別にみると、15~24歳が4.1%で最も高く、以下25~34歳が3.7%、55~64歳が2.5%、35~44歳が2.1%、45~54歳が1.9%、65歳以上が1.4%の順となった。

男女別にみると、前年に比べ低下した年齢階級は、男性の65歳以上のみとなった。(表8、図8) 

         表8 年齢階級別完全失業率(2020年)
表82020年年齢階級別完全失業率 

                 図8 年齢階級別完全失業率(2020年)
図82020年の年齢階級別完全失業率

非労働力人口

非労働力人口は230万4千人で、前年に比べ1万3千人(0.6%)減少した。

男女別にみると、男性は83万人、女性は147万4千人で、前年に比べ男性は1万1千人(1.3%)、女性は2千人(0.1%)それぞれ減少した。(表9、図9)

                   表9 非労働力人口の推移
表9非労働力人口の推移

             図9 非労働力人口増減数の推移(対前年)
図9対前年非労働力人口の推移
 

問合せ

愛知県 県民文化局 県民生活部 統計課
労働力統計グループ
担当:古田、渡辺
ダイヤルイン:052-954-6100
内線:2333、2404

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)