ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 統計課 > 平成28年社会生活基本調査を実施します

平成28年社会生活基本調査を実施します

 

1 調査の概要

 社会生活基本調査は、私たちが一日のうち仕事、家事、地域での活動などに費やしている時間や、過去一年間の自由時間に行った活動などについて調査し、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進、少子高齢化対策、男女共同参画社会の形成などの施策に必要な基礎資料を得ることを目的として実施する調査です。国の重要な統計調査として、昭和51年の第1回調査以来5年ごとに実施され、今回の調査は第9回目に当たります。

2 調査の時期

 平成28年10月20日現在で調査を実施します。
 ただし、1日の生活時間の配分についての調査は、10月15日(土曜日)から10月23日(日曜日)までの9日間のうちから、調査区ごとに指定された連続する2日間について行われます。

3 調査の対象

 調査対象は、無作為に選ばれた全国の約9万世帯(そのうち愛知県は約3,000世帯)で、10歳以上の世帯員の皆様です。

 

4 調査事項

 調査票A及び調査票Bの2種類の調査票により、国民の生活時間の配分や余暇時間における主な活動について調査します(具体的には以下のとおりです。)。 

(1)2日間の生活時間の配分

(2)過去1年間における主な生活行動
  (学習・自己啓発・訓練、ボランティア活動、スポーツ、趣味・娯楽、旅行・行楽)等

 1日の生活時間の配分に関する調査は、行動をあらかじめ決められた分類に当てはめて記入する方式の調査票(調査票A)のほか、日誌のように自由に記入する方式の調査票(調査票B)を用いて行います。
 なお、調査票Aと調査票Bのどちらが配布されるかについては、調査区ごとに決められています。

 

5 調査方法

  調査をお願いする世帯には、10月上旬から中旬にかけて、愛知県知事が任命した調査員(知事印を押印した調査員証を携帯しています。)が伺い、調査書類をお配りします。皆様により便利に御回答いただくため、紙の調査票での回答のほか、インターネットで回答することが可能となっています。調査の趣旨を御理解いただき、御回答をお願いします。

6 結果の公表

  調査票Aに関する集計結果については平成29年9月末日までに、調査票Bに関する集計結果については平成29年12月末日までに、総務省統計局から公表される予定です。
  愛知県分については、国の集計結果が公表され次第、その概要を取りまとめ公表する予定です。

 

 

総務省統計局の社会生活基本調査のページはこちらへ→http://www.stat.go.jp/data/shakai/2016/

7 結果の利用

  調査の結果は次のような国や地方公共団体の各種行政施策の基礎資料として、また、学術研究などの基礎資料として利用されています。

(1)仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進

(2)男女共同参画社会の形成

(3)子育てや介護の支援などの少子高齢化対策

(4)スポーツや文化振興、ボランティア活動などの推進

8 問合せ

愛知県 県民生活部 統計課
人口統計グループ
電話052-954-6116(ダイヤルイン)
E-mail:toukei@pref.aichi.lg.jp