トップページ教育普及>学校教育プログラム

学校教育プログラム

焼き物は、世界と地域の歴史や文化をひも解くことができる、身近な教材です。
確かな技術と、優れた造形意識によって制作された上質な焼き物に触れることによって、知性と感性を高め、豊かな人間性と創造性を育むことができます。
小中学生の皆さんには、ぜひ焼き物の体験や学習を通じて、ものづくり文化のおもしろさや楽しさを感じてほしいと思います。

小中学校における、地域の伝統的な産業や我が国の歴史の学習、造形表現や鑑賞活動に対応する、体験・展示プログラムを常時開設。
出前授業、職場体験や教員の現職研修も実施しています。


学校団体向け特別プログラム

令和4年度~新設!学校団体向け特別プログラム

令和4年度から、より授業にお役立ていただける「学校団体向け特別プログラム」を開始します。


学校団体向け特別プログラム小中学校の愛知の産業や図工・美術の授業に対応したテーマを取り入れました。
展示鑑賞・学芸員によるお話・作陶体験を組み合わせた当館ならではのプログラムです。
詳細は、左のバナーからご覧ください。

昼食について

  • 昼食風景
  • ・お弁当持参の場合、5,000㎡の芝生広場で自由に食事・休憩できます。
  • ・雨天時には館内スペースを御利用いただけます。
  • ・広場に点在する陶芸作家の作品もお楽しみいただけます。

撮影・スケッチについて

  • ・常設展の展示室内は、撮影可能です。(フラッシュ・三脚の使用はできません)
  • ・学習目的での簡単な模写(鉛筆)も可能です。

そのほかのスクール・プログラム

学校出前講座

  • 出前博物館の様子
  • 学校出前講座の様子
当館学芸員が、焼き物を持って県内の小学校へ伺い、学級毎に体験型の授業を行います。プログラムは「やきものの鑑賞」・「愛知のやきもの」・「やきものの歴史」の3コースです。
毎年、10月から2月にかけて約10校25学級で実施。実施校募集は、年度当初に行っております。

令和3年度の実施校募集のお知らせは、当館からの郵送及びこちらからのダウンロードにて御覧頂けます。
なお、授業概要については、当館の研究紀要のページ(ページ内の学校出前講座に関する論文)を御覧ください。
 

職業体験「やきものミュージアムの仕事」

中学校等の教育課程の中の特別活動、総合学習などの枠内で実施される「職業体験」の受け入れを随時行っています。
当館の学芸員・陶芸指導員の仕事を体験していただきます。実施内容、期間等は御相談ください。
  • 展示替えを体験
  • 展示替えを体験
  • 陶芸館の陶芸指導員体験
  • 陶芸館の陶芸指導員体験

博物館実習

大学生の方向けの博物館実習については、こちらのページを御覧ください。
 

学習マンガ「~やきもの学ぶっく~おしえて!とうじっち」

  • 学習マンガ「~やきもの学ぶっく~おしえて!とうじっち」

当館のマスコットキャラクター「とうじっち」が、愛知県の伝統的産業である窯業について、マンガで分かりやすく小学生に紹介します。 愛知県の瀬戸焼、常滑焼、三州瓦、尾張七宝の特徴、原料や作り方などについて、楽しく学べます。