愛知県衛生研究所

医薬品成分が検出された健康食品
(天天素)について

天天素の写真
Fig .1. 医薬品成分が検出された中国製ダイエット用食品
(品名:天天素 清脂こう嚢、製造者:野馬生物(広州)保健品有限公司)

2005/06/24

最近の健康ブーム・健康志向により、国民の健康に対する関心が高まっています。中でも「健康食品」は手軽に摂取できることも手伝って、店頭販売や新聞・雑誌・インタ−ネットによる通信販売により、広く流通し、その消費は年々増加しています。しかし、これら「健康食品」から、その効果を高めるために故意に添加された医薬品成分が検出されたことが度々報告されています。当所においても、平成14年に県内で健康被害のあった「健康食品」を分析したところ、中国製ダイエット用健康食品から医薬品成分の甲状腺末、N-ニトロソ-フェンフルラミンを検出しています。甲状腺末は甲状腺機能低下症を治療する目的で使用する医薬品ですが、生体組織の基礎代謝を亢進させるため、過去に「やせ薬」として乱用されていた経緯があります。強い作用があるので、副作用として、狭心症、うっ血性心不全、頻脈、心悸亢進、肝機能障害等が報告されています。N-ニトロソ-フェンフルラミンはフェンフルラミン(食欲抑制成分)の誘導体であり、新規化合物で、その毒性や薬理活性についての研究デ−タはありませんが、摂取すると肝障害等を起こすと推定されています。

このような「健康食品」は消費者の健康を害するものであり、薬事法上、違反品として取り扱われています。

さて、皆様もご存じのように平成17年5月24日、ダイエット用健康食品「品名:天天素 清脂こう嚢(製造:野馬生物(広州)保健品有限公司)」(Fig.1)から医薬品成分のシブトラミン、マジンド−ルが岡山県、広島県、富山県において検出されたことが厚生労働省から発表され、新聞やテレビなどでも大きく報じられました。また、この製品によると疑われる健康被害は6月24日現在、全国において120例報告されています。愛知県内においても、2名の健康被害が報告されていますので、その概要について以下に記します。

1. 健康被害の原因として疑われる製品

製品名:
天天素 清脂こう嚢
製造者氏名:
野馬生物(広州)保健品有限公司

2. 通報のあった健康被害の状況

健康被害を受けた者2名:
 女性(10代)、女性(30代)
健康被害状況:
医療機関受診、入院治療中、意識レベルの低下、口渇、めまい、下痢等

3. 検出された医薬品成分について

同一名称の製品を国立医薬品食品衛生研究所で分析したところ、医薬品成分である「シブトラミン」、「マジンド−ル」が検出されました。

(1)シブトラミン

○ 肥満症治療剤(国内未承認)

適応:
肥満症の治療(肥満における体重減少及び体重減少の維持)
副作用:
頭痛、口渇、便秘、不眠及び鼻炎等
その他:
米国の添付文書(肥満症治療剤として医師の処方せん・指示により使用)に警告として、「血圧及び心拍数の増加」が記載されています。

(2)マジンド−ル

○ 食欲抑制剤(麻薬及び向精神薬取締法 第3種向精神薬)

脳の視庄下部に作用して食欲を抑える薬ですが、向精神薬、習慣性医薬品でもあるので、医師の処方せん・指示により使用することになっています。

適応:
食事療法、運動療法の効果が不十分な高度肥満症
副作用:
口渇、便秘、悪心・嘔吐、睡眠障害、胃部不快感等
重大な副作用:
薬物依存性、肺高血圧症

4. 県民への注意喚起

公表された上記の製品を服用している人は、直ちに服用を中止して下さい。また、製品の服用が原因と疑われる症状を示している場合には、医療機関や最寄の保健所までご相談下さい。 なお、厚生労働省のホ−ムペ−ジに「天天素」を服用しないことなどの注意を呼びかけるQ&Aを掲載していますので、参考にして下さい。