ページの先頭です
メニューの終端です。
 熱中症の予防について 本文へジャンプ


熱中症の予防について



1 熱中症とは



高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして、発症する障害の総称です。


熱中症とは
体内で血液の分布が変化し、また汗によって体から水分や塩分(ナトリウムなど)が失われるなどの状態に対して、私たちの体が適切に対処できなければ、筋肉の こむらがえりや失神(いわゆる脳貧血)を起こします。熱の産生と「熱伝導と汗」による熱の放出とのバランスが崩れてしまえば、体温が著しく上昇します。こ のような状態が熱中症です。


○熱中症になりやすい場所

 高温、多湿、風が弱い、輻射源(熱を発生するもの)があるなどの環境では、体から外気への熱放散が減少し、汗の蒸発も不十分となり、熱中症が発生しやすくなります。


2 熱中症の症状



熱中症の症状

○軽症
  ・たちくらみ、筋肉痛・筋肉の硬直、大量の汗をかく

○中等度
  ・頭痛、吐き気・嘔吐、体がだるい

○重症
  ・意識がない、けいれん、体が熱い
  ・呼びかけに対する反応がおかしい、まっすぐに歩けない



3 熱中症の予防



熱中症を防ぐためには、日常生活における注意が基本となります。


熱中症予防のポイント

・部屋の温度をこまめにチェックし、28℃を超えないようにしましょう! 

・我慢せずエアコンや扇風機を使いましょう!

・のどが渇いたと感じたら必ず水分補給をしましょう!

・外出の際は通気性の良い、吸湿、速乾性の服装で、日よけ対策をしましょう!

・無理をせず、適度に休憩をとりましょう!

・特に、高齢者は汗をかきにくく暑さも感じにくいので、のどが渇かなくてもこまめに水分を補給し、エアコンを積極的に活用しましょう!





こまめに水分を補給する

 「水分を摂り過ぎると、汗をかき過ぎたり体がバテてしまったりするのでかえってよくない」というのは間違った考え方です。
 体温を下げるためには、汗が皮膚表面で蒸発して身体から気化熱を奪うことができるように、しっかりと汗をかくことがとても重要です。汗の原料は血液中の水分や塩分ですから、体温調節に備えるには、汗で失った水分や塩分を適切に補給する必要があります。

扇風機や空調(エアコン)を使う

  エアコンの設定温度は、機械のセンサーによって実態とかなり異なっている場合があります。人がいる場所での気温を正しく測定するように心掛けて、28℃を超えないように適切な温度となるようにしましょう。
  また、エアコンの設定温度が低く(24℃を下回る)、外気温と室温の差が大きいと出入りする際に体の負担になります。
 室内の人数、服装などに合わせて、上手に調節しましょう。




4 熱中症の応急措置






・風通しのよい日陰や、できればクーラーの効いている室内などに避難させましょう。

・衣服を脱がせて、体から熱の放散を助けましょう。

・露出させた皮膚に水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことにより体を冷やしましょう

・自力で水分を摂取できる場合は、冷たい水やスポーツドリンクなどを与えましょう。

・自力で水分を摂取できない場合は、緊急で医療機関に搬送することが最優先の対処方法です。



熱中症予防リーフレット

  • pdf (ファイル名:yobou_leaflet.pdf サイズ:410 KB)

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

   
愛知県健康福祉部保健医療局健康対策課
TEL:052-954-6268(ダイヤルイン)
Mail:kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp