ホーム > 相談・お問合せ > 性犯罪被害者のためのワンストップ支援センター「ハートフルステーション・あいち」 > ハートフルステーション・あいち「性犯罪被害にあわれた方へ」

ここから本文です。

更新日:2014年2月3日

ハートフルステーション・あいち「性犯罪被害にあわれた方へ」

あなたは今、どんな気持ちでここを読んでくださっていますか。
このページを、一人で読んでいますか?それとも誰かと一緒に読んでいますか?
被害にあって、けれども何かをしようと、このページを開かれたのだと思います。
ハートフルステーション・あいちは、そんなあなたの力になりたいと思っています。

被害にあったことを、自分のせいだと責めないで

自分はなぜ被害にあってしまったのだろう、なぜあの日あの道を通ったのだろう、あのときこうしていたら、逃げることができたんじゃないか、
もっとこうしていたら、被害にあわなかったのでは、・・・

性犯罪の被害にあった人の多くが、被害を避けるために何かをすべきだった、あるいはできたはずだと思うものです。
あなたも、同じように思っているかもしれません。
しかし、被害にあったことは、決してあなたに責任があるのでも、あなたが責められるべきものでもありません。
あなたの受けた被害は、加害者の不当な暴力によるものなのです。
あなたは決して悪くありません。
例えあなたが何をしたとしても、またしなかったとしても、あなたがそのとき選択した行動は正しかったのです。
決して自分自身を責めないでください。

被害にあった方は、次のような心身の状態になることがあります

  • 眠れない、食べられない
  • 怖い夢を見る
  • 事件のことが頭から離れない
  • 不安でたまらない、怖くてたまらない
  • ずっと緊張していたりいらいらしたりする
  • ちょっとした物音にびくっとする
  • ボーッとしていたり、集中できなかったりする
  • 事件のことが突然よみがえる

被害のようなショックな出来事にあった後は、多くの人にこの様なことが起こりますが、その人が弱くなったりおかしくなったりしたわけではありません。
こういった心身の反応は、通常の人間であれば当然のことです。
つらい時は、決して無理をせず、心と身体を休ませてください。

このような症状が深く、長く続いている場合は、医療機関、精神科、カウンセリング機関等に相談してください。

あなたが被害から回復するためにできること

あなたは、たとえば以下のようなことができます。

  • 病院へ行き、緊急避妊をする(72時間以内)
  • 病院へ行き、けがや性感染症の検査をする
  • 警察に被害届を出す
  • 親しい人に相談する
  • 公的機関に相談する
  • 臨床心理士に相談する
    ・・・など

あなたが今一番望んでいること、悩んでいることは何でしょうか?
ハートフルステーション・あいちでは、上記のようなことについて、相談に乗ることができます。
詳しく知りたい方、迷っている方、ハートフルステーション・あいちに電話してみませんか。

電話機イラスト

ハートフルステーション・あいち相談電話
0570-064-810まもるよハート(愛知県内からのみ通話可能)

相談受付は月曜から土曜の午前9時から午後8時
(祝日、年末年始を除く)までです。
※愛知県外からはつながりません。

右矢印アイコンハートフルステーション・あいちのページへ

右矢印アイコンハートフルステーション・あいちQ&A