ここから本文です。

更新日:2014年2月13日

犯罪経歴証明書に関すること

  Q1 犯罪経歴証明書が欲しいのですが。どうすればよいのですか?

 Q1 犯罪経歴証明書が欲しいのですが。どうすればよいのですか?

A1

犯罪経歴証明書とは

外国へ渡航する際などに相手国の公的機関からその国の法律に基づいて要求された場合にのみ発給される証明書です。
他に、「無犯罪証明書」「渡航証明書」「Police Certificate」「Police Clearance」「no criminal record」などと呼ばれることもあります。

警察で犯罪経歴証明書を発給できる要件が、国または地域ごとに定められています。
要求内容によっては、直ちに手続きができない場合もありますので、

  1. 要求国
  2. 要求機関
  3. 要求理由

を確認の上、来庁される前に申請者本人が電話でお問い合わせください。

重要なお知らせ
平成25年4月1日から申請が有料化されました。

申請方法等

愛知県警で申請できる方

  1. 愛知県に住民登録をしている方。
  2. 海外在住で、日本の最終住民登録地が愛知県であった方。

申請受付
月曜日から金曜日(土日祝日、年末年始の閉庁日は休み)

  • 午前9時から午前11時30分まで
  • 午後1時から午後4時30分までの間

申請場所
愛知県警察本部鑑識課
1階東側正面玄関にある「総合案内」で受付をしてください。

必要書類等
下記(1)~(4)それぞれが必要です。不足書類がある場合は、申請をお受けできません。

(1)手数料
 愛知県収入証紙500円
  ※ 愛知県警察本部では収入証紙の取扱いはしておりません。事前に購入してからお越しください。

 詳しくは愛知県収入証紙についてのページをご覧ください。

(2)犯罪経歴証明書が必要なことを確認する書類(1、2どちらか一点)

  1. 証明書の提出を要求する文書
    証明書の提出を要求する外国の公的機関が発行した、申請者氏名及び要求理由が記載されているもの
  2. 要求理由に関わる申請書のコピー
    証明書の提出を要求する外国の公的機関(要求機関)へ提出する申請書で、記入済みのもの

 国(地域)ごとに異なりますので、お問い合わせの際に説明いたします。

(3)パスポートの原本(コピーは不可)
 氏名、本籍地等の記載事項に誤りの無いようにしてください。

(4)住民登録地が確認できる身分証明書

  • 愛知県に住民登録をしている方
    1. 公的機関が発行したもので、住民登録地が記載されているもの。
      例 運転免許証、住民基本台帳カード、住民票(発行から6ヶ月以内のもの)、在留カード等
  • 海外在住で日本の最終住民登録地が愛知県であった方(下記1、2それぞれ必要)
    1. 住民票の除票、または戸籍の附票(発行から6ヶ月以内のもの)
    2. 現住所(外国の住所)が確認できる書類
      例 外国の運転免許証、本人宛の郵便物等

申請時のご注意
指紋を採取しますので、必ず本人が申請に来てください。

発給までの期間
概ね2週間(年末年始など一部長期閉庁の場合は3週間。)

受取り時のご注意
警察本部で、原則申請者本人の受け取りとなります。
証明書の郵送は行っておりません。
※ 代理人を希望される方は、代理人の名前・住所・生年月日・連絡先を確認の上、申請時にお申し出ください。

連絡先
愛知県警察本部 鑑識課渡航証明係
代表番号 052-951-1611 内線4617