ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

1.道路の整備

主要事業

○名古屋第3環状線(弥富市)

 都市計画道路3・3・4名古屋第3環状線は、一宮方面と海部津島地域を結ぶ広域幹線道路であり、名古屋港の物流と連携したネットワークの整備としても重要な路線です。

 全体計画としては、国道1号から伊勢湾岸自動車道までの約8.3kmであり、これまでに国道1号から南へ約0.4kmの区間、及び伊勢湾岸自動車道から北へ約1kmの区間が供用開始しています。

 現在は、計画区間の南側において、国道23号への接続に向けて整備を進めています。
航空写真

伊勢湾岸自動車道・弥富木曽岬IC付近から北方向を臨む

整備前の様子

(未整備部分の現状)国道23号北側から南方向を臨む

整備後の様子

(整備済み状況)国道1号北側から南方向を臨む

 

○名古屋津島線バイパス(あま市、津島市)

 (主)名古屋津島線は、名古屋市と津島市中心部を結ぶ主要幹線道路であり、名古屋圏の主要道路のネットワークを形成する上で大変重要な路線です。また、防災対策の側面において、緊急輸送道路としても重要な位置づけにありますが、慢性的な渋滞等、多くの問題を抱えています。

 このため、バイパス整備を進めているところであり、これまでに県道須成七宝稲沢線以東の区間、及び津島日光橋の前後区間が供用開始しています。

 現在は、県道須成七宝稲沢線以西の区間(あま市内)及び津島日光橋の前後区間~現道接続部の区間(津島市内)において整備を進めています。
整備前の現道の様子

(バイパス整備前の状況)秋竹交差点から名古屋方向を臨む
    ※バイパス整備前のため、現道の交通量が多い

整備後の現道の様子

(バイパス整備後の状況)秋竹交差点から名古屋方向を臨む
    ※バイパスの開通により、現道の交通量が緩和

バイパス整備後の様子

(整備済み状況)桂大橋東側から名古屋方向を臨む

名古屋津島線バイパスの事業概要について

問合せ

愛知県 海部建設事務所

E-mail: ama-kensetsu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)